F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 1 ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1:38'23.876 70 186.973 1
2 4 キミ・ライコネン フェラーリ 1:38'35.405 70 186.609 2
3 14 マーク・ウェバー RBRルノー 1:38'40.762 70 186.440 2
4 16 ニコ・ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1:38'50.843 70 186.123 2
5 2 ヘイッキ・コバライネン マクラーレン・メルセデス 1:38'58.268 70 185.890 1
6 10 ティモ・グロック トヨタ 1:38'59.113 70 185.864 3
7 22 ジェンソン・バトン ブラウン・メルセデス 1:39'18.964 70 185.244 2
8 9 ヤルノ・トゥルーリ トヨタ 1:39'32.048 70 184.839 2
9 17 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ 1:39'32.650 70 184.820 4
10 23 ルーベンス・バリェッロ ブラウン・メルセデス 1:39'33.132 70 184.805 6
11 6 ニック・ハイドフェルド BMWザウバー 1:39'34.488 70 184.763 10
12 8 ネルソン・ピケJr. ルノー 1:39'35.388 70 184.735 4
13 5 ロバート・クビサ BMWザウバー 1:39'37.922 70 184.657 10
14 21 ジャンカルロ・フィジケラ フォース・インディア・メルセデス 1:38'26.239 69 184.228 9
15 11 ジェイミー・アルグエルスアリ STRフェラーリ 1:38'44.598 69 183.657 12
16 12 セバスチャン・ブエミ STRフェラーリ 1:39'11.399 69 182.830 10
  15 セバスチャン・ベッテル RBRルノー DNF 29 178.955 2
  7 フェルナンド・アロンソ ルノー DNF 15 171.635 1
  20 エイドリアン・スーティル フォース・インディア・メルセデス DNF 1 149.881 19

さすがの資金力の違いか・・・
マクラーレンが今季、ここで優勝できるなんて、
シーズン序盤からは考えられなかったことですね。
まあ、ブラウンGPの中盤からの失速は、このブログでも述べてきたことですが、
それにしても、ここまで落ち込むとはです。

バトン自身は、車のリアの挙動が、シーズン序盤と全く違う、
非常にひどいオーバーステアで、他のチームが追いついてきた訳ではない
と言っておりますが、やはり低速のハンガロリンクサーキットでは、
アップグレートがほぼできていないマシンでは限界だったんでしょう。
後半も、低速コースではかなり苦戦すると思います。

そして予選ではマッサ・・・
前を走っていたバリチェロのマシンのパーツが飛んできて、
頭蓋骨骨折の重傷・・・
命に別条がなくって、ほっとしました。
F1で死亡者が出るのは二度と見たくない(セナ以来)です。
3週間の夏休みにF1は突入しますが、それまでに直るのかな~
今のF1では、シーズン中、テストが行われないので、
各チームのリザーブドライバーが誰なのか、よく分かりません。
フェラーリ誰なんだろ?
バドエル???


フェラーリ F2008 F.マッサ

バトン低迷、ベッテルリタイヤで、非常に混沌としてきました。
あと、ピケJrは夏休み明け、グリッドに着けるでしょうか・・・
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/143-d91d3326
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。