F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フェラーリはスペインの銀行サンタンデールと複数年契約を結ぶことを、
来月イタリアGPを前に発表する、と『Marca(マルカ)』紙が報じている。

サンタンデール銀行のCEOであるエミリオ・ボティンは、
スペイン人のアロンソを公に称賛しているが、
28歳のアロンソは、サンタンデールの子会社であるウニベルシアの支援を受けている。

以上の点を踏まえると、来年のフェラーリのシートは、
ライコネン、マッサのいずれかが放出される前兆だと考えていいかもしれませんね。

しかし、今季の両ドライバーともに、来季のフェラーリでの契約は継続となっています。
ライコネンは2年前にワールドチャンピオンを獲ったものの、
昨年、今年とそのサラリーに見合うだけの、実力を発揮できていないです。
そしてF1よりもラリーに興味を示しており、フェラーリもそのレース参加それを許す体勢・・・
逆にマッサはサラリー以上に、ライコネンと互角に争えるだけの実力を示し、
去年はワールドチャンピオン目前まで争いました。
しかし、今季は前戦で不運の負傷。。。数戦の欠場が予想されます。
ただ、その怪我は不運によるものですから、来季シートを失うってことはないでしょう。

なので、来季、ライコネンの契約がどう動くか・・・
ルノーとのトレード、または違約金を支払っての契約解除。。。
今シーズン終了後に色々と揉めそうです。

少なくとも2011年からのアロンソ、フェラーリ移籍は確実でしょう。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/147-5ad6e7df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。