F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 23 ルーベンス・バリチェロ ブラウン・メルセデス 1:35'51.289 57 193.344 1
2 1 ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1:35'53.647 57 193.265 1
3 4 キミ・ライコネン フェラーリ 1:36'07.283 57 192.808 2
4 2 ヘイッキ・コバライネン マクラーレン・メルセデス 1:36'11.321 57 192.673 1
5 16 ニコ・ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1:36'12.159 57 192.645 2
6 7 フェルナンド・アロンソ ルノー 1:36'19.033 57 192.416 4
7 22 ジェンソン・バトン ブラウン・メルセデス 1:36'26.202 57 192.177 6
8 5 ロバート・クビサ BMWザウバー 1:36'27.956 57 192.119 8
9 14 マーク・ウェバー RBRルノー 1:36'36.199 57 191.846 4
10 20 エイドリアン・スーティル フォース・インディア・メルセデス 1:36'39.224 57 191.746 5
11 6 ニック・ハイドフェルド BMWザウバー 1:36'40.111 57 191.716 4
12 21 ジャンカルロ・フィジケラ フォース・インディア・メルセデス 1:36'54.903 57 191.229 8
13 9 ヤルノ・トゥルーリ トヨタ 1:36'55.816 57 191.199 12
14 10 ティモ・グロック トヨタ 1:37'17.808 57 190.478 14
15 8 ロマン・グロージャン ルノー 1:37'23.063 57 190.307 14
16 11 ハイメ・アルグエルスアリ STRフェラーリ 1:36'38.330 56 188.411 15
17 3 ルカ・バドエル フェラーリ 1:37'13.273 56 187.282 15
18 17 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ 1:33'55.440 54 186.933 10
  12 セバスチャン・ブエミ STRフェラーリ ブレーキ 41 185.396 18
  15 セバスチャン・ベッテル RBRルノー エンジン 23 188.742 5

まずは、今回新たに今季初参戦の2人について・・・
バドエルに関しては、まあ予想通りの結果ですね。
チームメイトのライコネンから、遙かに離される結果。
予選でもひとつ上のアルグエルスアリから1秒以上遅れは何??って遅さ。
ぶっつけ本番でも、ライコネンはそりゃトップドライバーの一人ですが、
1秒差以内では走って欲しかったです。
まあ、全盛期でも平凡なドライバーでしたが、これだけ力差があるドライバーを、
フェラーリはなぜテストドライバーとしてずっと起用し続けたんでしょうね。

それに対してグロージャンは予選では堅実な走り。
ピケJrとほぼ同等の実力をすぐに出せたと思います。
やはり対応力はその若さ故でしょう。
まあ、レースではその経験のなさを露呈してしまいましたが、
それは仕方ないでしょうね。

5年ぶりの優勝はバリチェロ。
ずっとフェラーリ、ミハエルのセカンドとしての地位に甘んじ、
BARに移籍、バトンが今季、快調なスタートを切ったのに対して、
非常に焦りがみられる走りでした。
今回、ハミルトンのピットでのもたつきからの、たなぼた優勝ですが、
こういう運は持ってるドライバーですからね。
来季もまた、最多出場記録を更新していくかな。


★F1★ルーベンス・バリチェロ☆ホンダ レーシング F1チーム RA108/2008年

で、今回アロンソが地元なのに、目立ちませんでしたね。
彼ほどの実力あるドライバーが輝きを見せられないとは・・・
ルノーのマシンに対して、やる気を見せることができないってことは、
やはりフェラーリ移籍、来年あるかもしれませんよ。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/148-94a2ce5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。