F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 4 キミ・ライコネン フェラーリ 1:23'50.995 44 220.430 1
2 21 ジャンカルロ・フィジケラ フォース・インディア・メルセデス 1:23'51.934 44 220.389 1
3 15 セバスチャン・ベッテル RBRルノー 1:23'54.870 44 220.261 1
4 5 ロバート・クビサ BMWザウバー 1:24'00.961 44 219.995 3
5 6 ニック・ハイドフェルド BMWザウバー 1:24'02.271 44 219.938 2
6 2 ヘイッキ・コバライネン マクラーレン・メルセデス 1:24'23.758 44 219.004 4
7 23 ルーベンス・バリチェロ ブラウン・メルセデス 1:24'26.456 44 218.888 6
8 16 ニコ・ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1:24'27.203 44 218.855 1
9 14 マーク・ウェバー RBRルノー 1:24'27.954 44 218.823 3
10 10 ティモ・グロック トヨタ 1:24'32.485 44 218.627 4
11 20 エイドリアン・スーティル フォース・インディア・メルセデス 1:24'33.631 44 218.578 8
12 12 セバスチャン・ブエミ STRフェラーリ 1:24'37.101 44 218.429 6
13 17 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ 1:24'45.236 44 218.079 12
14 3 ルカ・バドエル フェラーリ 1:25'33.172 44 216.043 13
  7 フェルナンド・アロンソ ルノー ホイール 26 208.921 3
  9 ヤルノ・トゥルーリ トヨタ ブレーキ 21 204.457 5
  1 ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス アクシデント 0 0.000 -
  22 ジェンソン・バトン ブラウン・メルセデス アクシデント 0 0.000 -
  11 ハイメ・アルグエルスアリ STRフェラーリ アクシデント 0 0.000 -
  8 ロマン・グロージャン ルノー アクシデント 0 0.000 -

今回、なんと言っても、フィジケラ一色でしょう。
今までポイントを獲得したことのないチームで、ポールポジション獲得。
ホント、ポールを獲得したときはびっくりしましたよ~
ずっと一番しんがりを走ってたようなチームですよ。

このフィジケラってドライバーは新人時代から注目してたドライバーです。
1997年ぐらいかな?その頃もホームページ作っていて、
ミナルディからデビューしてた彼は、遅い車ながらも、光る走りを見せてました。
私もフィジコの愛称でずっと観戦日記を書いてたのを思い出します。
ルノー時代に、アロンソの影に隠れる形となり、その実力も衰えた感あったんですが、
フォース・インディアという下位チームで走りながらも、
くじけずに地道に走ってたなって思います。

そして来季ですが、現在のフォースインディアのシートは、
リウッツィに取って代わられるように報道されておりました。


ミニチャンプス1/43 フォースインディアVJM01 フィジケラ2008年#21

それが・・・ですよ!
なんと!フェラーリ、バドエルの不振により、フェラーリにもしかしたら乗るかもです!!
そうなると楽しみですね~
私はフィジコがいつかはフェラーリに乗るのではとデビュー当初は思っていました。
イタリア人ドライバーはフェラーリでは大成しないというジンクスがあります。
ここ最近では、アルボレート、カペリが乗りましたが、成績イマイチでしたよね。
その後はイタリア人ドライバーでフェラーリに乗った人間はいません。
まあ、今回のバドエルは久しぶりでしたけど、
あまりカウントに入れたくありません(^^;)

今後、ジャンカルロ・フィジケラの動向から目が離せないです。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/150-8bbed530
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。