F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 15 セバスチャン・ベッテル RBRルノー 1:28'20.443 53 208.900 1
2 9 ヤルノ・トゥルーリ トヨタ 1:28'25.320 53 208.707 2
3 1 ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1:28'26.915 53 208.645 2
4 4 キミ・ライコネン フェラーリ 1:28'28.383 53 208.587 3
5 16 ニコ・ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1:28'29.236 53 208.554 2
6 6 ニック・ハイドフェルド BMWザウバー 1:28'29.952 53 208.525 2
7 23 ルーベンス・バリチェロ ブラウン・メルセデス 1:28'31.084 53 208.481 4
8 22 ジェンソン・バトン ブラウン・メルセデス 1:28'31.917 53 208.448 6
9 5 ロバート・クビサ BMWザウバー 1:28'32.220 53 208.436 5
10 7 フェルナンド・アロンソ ルノー 1:28'33.508 53 208.386 8
11 2 ヘイッキ・コバライネン マクラーレン・メルセデス 1:28'34.178 53 208.360 5
12 3 ジャンカルロ・フィジケラ フェラーリ 1:28'35.039 53 208.326 11
13 20 エイドリアン・スーティル フォース・インディア・メルセデス 1:28'35.402 53 208.312 7
14 21 ビタントニオ・リウッツィ フォース・インディア・メルセデス 1:28'36.177 53 208.281 11
15 17 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ 1:28'38.416 53 208.194 9
16 8 ロマン・グロージャン ルノー 1:28'39.798 52 204.210 14
17 14 マーク・ウェーバー RBRルノー 1:28'42.682 51 200.172 17
  11 ハイメ・アルグエルスアリ STRフェラーリ アクシデント 43 217.477 9
  12 セバスチャン・ブエミ STRフェラーリ クラッチ 11 210.279 17

今回、見ているとなんか懐かしい気分になりました。
何度か鈴鹿にはF1観に行っていますから、コースレイアウトも熟知していますし、
どのコーナーの裏には何があったなあ~なんてことも、
ふと思い返したりしておりました。
年に1度のお祭り騒ぎ・・・
夜の車中泊も楽しかった記憶があります。

さて、今回はベッテルの速さが目立ちましたね。
トヨタも母国での開催ですからかなり力は入れていたでしょうけど、
ベッテルとの差は明らかでした。
しかしトゥルーリの2位はよくやったと思いますよ。
なんで、このドライバーとトヨタは来季契約しないんでしょうか?
トヨタ的には、ライコネン、クビサを欲しがってるようですが、
ライコネンは絶対に乗らないでしょうし、クビサもほぼルノー確定でしょうからね。
グロックは残留へ進むでしょうが、トゥルーリはないとの噂です。

母国GPとなった中嶋一貴・・・
うーん・・・この予選~決勝まで、全く見せ場がなかったです。
鈴鹿に見に行ってたファンもがっかりしたんじゃないかな。
ウィリアムズは来年、トヨタエンジンを載せないようですし、
一貴も残留できないでしょうから、来季どうするんでしょうか。

小林可夢偉も今年期待されながらGP2で結果残せなかったので、
来季はステップアップできないでしょうし、
日本人ドライバーを来季は見られない可能性が大です。

さあ!残り2戦!
チャンピオンのチャンスはベッテルにまでありますが、
ブラウンGP、バトンは序盤の勢いはないものの、
その確実性のある腕で、チャンピオン獲得は間違いないでしょう。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/157-47a3eff2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。