F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トヨタは現地時間27日にチームのプレスリリースを通じ、
最終戦アブダビGP(11月1日決勝)には
ティモ・グロックに代わり小林可夢偉が出走すると発表した。

グロックの怪我はほぼ90%以上治っていると聞いていたので、
グロック側としては乗ると言ったんだと思います。
しかしトヨタとしては、来季の契約上、この最終戦で再び、
可夢偉がブラジルGP同様に、いい走りを見せたならば、
来季のF1正ドライバー候補として、可夢偉を挙げるために、
この最終戦をテストの場として、与えたんだと思いますね。

中嶋一貴の残留が絶望的な今、来季、日本人ドライバーなしという、
そういう日本人としては、面白くない来季にしないためにも、
可夢偉の頑張りに期待したいと思います。
トヨタとしても、やはり今年のGP2の成績で、
可夢偉を昇格させることは、しないと思いますから。

これで、予選Q3まで進出、本戦ポイント獲得してくれたら、
私はほぼ来季シートを掴んだと思いますね。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/161-e0f2764a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。