F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 15 セバスチャン・ベッテル RBRルノー 1:34'03.414 55 194.789 1
2 14 マーク・ウェーバー RBRルノー 1:34'21.271 55 194.175 2
3 22 ジェンソン・バトン ブラウン・メルセデス 1:34'21.881 55 194.154 2
4 23 ルーベンス・バリチェロ ブラウン・メルセデス 1:34'26.149 55 194.007 3
5 6 ニック・ハイドフェルド BMWザウバー 1:34'29.667 55 193.887 2
6 10 小林可夢偉 トヨタ 1:34'31.757 55 193.816 3
7 9 ヤルノ・トゥルーリ トヨタ 1:34'37.780 55 193.610 3
8 12 セバスチャン・ブエミ STRフェラーリ 1:34'44.708 55 193.374 6
9 16 ニコ・ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1:34'49.355 55 193.216 7
10 5 ロバート・クビサ BMWザウバー 1:34'51.594 55 193.140 6
11 2 ヘイッキ・コバライネン マクラーレン・メルセデス 1:34'56.212 55 192.984 5
12 4 キミ・ライコネン フェラーリ 1:34'57.731 55 192.932 6
13 17 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ 1:35'03.253 55 192.745 10
14 7 フェルナンド・アロンソ ルノー 1:35'13.101 55 192.413 11
15 21 ビタントニオ・リウッツィ フォース・インディア・メルセデス 1:35'37.864 55 191.583 13
16 3 ジャンカルロ・フィジケラ フェラーリ 1:34'06.897 54 191.128 15
17 20 エイドリアン・スーティル フォース・インディア・メルセデス 1:34'10.427 54 191.009 15
18 8 ロマン・グロージャン ルノー 1:34'11.396 54 190.976 16
  1 ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス ブレーキ 20 192.765 1
  11 ハイメ・アルグエルスアリ STRフェラーリ ギアボックス 18 186.563 19

今回の優勝はベッテルですが、一番、国際映像で目立ってたのは、
なんといっても、小林可夢偉!!
これだけ、日本人ドライバーが注目されるのも、2004年の琢磨以来やと思います。

5年ぐらい前から、私は、いつかF1に上がってくる、一番最有力候補の
日本人ドライバーだと言ってましたが、来季トヨタドライバー候補の最有力になる、
そんな走りを今回やれたと思います。

1周目のライコネン、そしてピットストップ後のバトンを抜いた思い切りのよさ、
その物怖じしないハートは弱肉強食のF1世界では必要不可欠ですよね。
そして1ストップ作戦を見事に成功させるコンスタントに速く走れる能力、
F1を走らせるその能力を持っています。

今季、シーズン中のテストドライブができない状況でしたので、
シーズン途中出場のルーキーは誰もが苦労しました。
その中で、この結果は、海外メディアにも注目されているとおり、
立派な成績と強烈な印象を放っています。

トヨタの来季ドライバーは全く決まっていません。
欲しがっていたキミ・ライコネンはトヨタは全然眼中にない、
マクラーレン一本だって言っていますし、
そうなると、現ドライバーの2人、そして小林可夢偉の3人で
争う形になるのではと思います。

私的には、ほぼ80%、来季トヨタF1ドライバー「小林可夢偉」の誕生が、
見られると確信しています。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/162-9a09feaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。