F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また突然のネガティブな発表でした・・・
去年のホンダの撤退ほどの衝撃はありませんが、
やはり日本の自動車メーカーが1台もF1にいないのは寂しいです。

最終戦で、小林可夢偉がいい走りをして、
来季の正ドライバーのシートを獲得できたと思っていただけに、
残念でなりません。
小林可夢偉はトヨタからの支援もないようになりますから、
来季のGP2も走ることはできないのではと言われています。
本人はF1への夢が破れたら、実家の寿司屋を継ぐって言ってたそうですが、
そんなことが現実味を帯びる状態になるとはです。

ウィリアムズも来季ドライバーを発表しましたが、噂通り、
ルーベンス・バリチェロとニコ・ヒュルケンベルグのコンビに決まりました。
このことで、中嶋一貴は他のチームを探すことになりますが、
トヨタのバックアップもなくなり、今季の不甲斐ない走りからして、
どこのチームも手を挙げないでしょうね。

去年のホンダ→ブラウンGPのように、売却先を探すことになるとは思いますが、
今のブラウンGPがそうであるように、チームの日本色はなくなるでしょうね。
今の日本に、F1へ名乗りを挙げる企業はないでしょう。

結局、トヨタのF1挑戦は1勝もできずに終わりました。
日本を代表する自動車メーカーがこの結果のままでいいんかいなとも思います。
来季F1を見る興味がますます薄くなっちゃったな・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/163-7b67bbcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。