F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジェンソン・バトンとブラウンGPの交渉が決裂、
バトンはマクラーレンとの3年契約に合意し、
2010年からルイス・ハミルトンと共に、
オールブリティッシュ体制を形成すると報じられている。

バトンはブラウンGPでの残留を望んでいたものの、
金銭面で折り合いがつかず、マクラーレン入りを決めたようだ。
またブラウンGPがメルセデス・ベンツに買収され、
メルセデスGPとなったことで、ドイツ主体のチームになったことも、
イギリス人のバトンにとっては、一つの原因だろう。
イギリスのチームであるマクラーレンの方が居心地はいいでしょうからね。

ただ、そのマクラーレンでは、同じイギリス人のハミルトンが君臨してるのが現実。
2年前は、アロンソが出ていったし、その後チームメイトとなったコバライネンは、
ハミルトン主体の体制に嫌気がさしているだろう。
そのチームメイトに現チャンピオンがどう立ち向かうのだろうか?

バトンのマクラーレン入りが決まったとしたら、
キミ・ライコネンの座るシートはなくなることとなる。
ライコネン自身がマクラーレン以外にはいくつもりないって明言してますからね。
ただライコネンは来季、フェラーリからその来季乗る予定だった年俸は、
保証されているので、優雅に1年間有給をとるのであろう。


キミ・ライコネン…頂点へ

あとストーブリーグの話題がぽつぽつ出ていますね。
まとめますと、メルセデスGPはニコ・ロズベルグは確定として、
もう一人のドライバーとして、ドイツ人、ニック・ハイドフェルドと契約間近だとか。
あと、新チームのロータスは1人のドライバーと契約したとのこと。
そのドライバーはヤルノ・トゥルーリと見られている。
またもう一人の元トヨタドライバーである、
グロッグも新チームであるマノー入りが発表された。

日本人では、小林可夢偉がトヨタのバックアップ(金銭的なものではない)を受け、
ロータスを第一候補として、交渉をすすめているものの、かなり難航しているようです。
一貴の名前は全く出てこないので、今季ノーポイントの成績からも、
どこからも声はかからないんじゃないかな。
あと、佐藤琢磨の名前も一切挙がってこないので、アメリカ、インディ行きになるのかな。

今回のバトン、マクラーレン入りが確定すれば、
年内にはどんどんシートは埋まっていくと考えられます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/164-9ee77ef4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。