F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
F1復帰が待望されていた琢磨ですが、ロータス入りが噂では濃厚とされていました。
しかし、どうやらその交渉は流れたようです。
本日あたりに、ロータスは来季のドライバーを発表しますが、
そこにあがるラインナップは、以前よりロータス入りが確実視されていたトゥルーリと、
そのチームメイトとしてヘイッキ・コバライネンの名前が挙がるようだ。


佐藤琢磨 Takuma Sato2010年カレンダー 「in Racing 」

コバライネンが相手なら、琢磨の落選も仕方ないかなと思います。
ルノー、マクラーレンと有名チームを渡り歩き、1勝しておりますし、
今までの成績は琢磨を上回っているのが現実ですから。
ベテランと若手というコンビネーションからも、ちょうど、トゥルーリとぴったりでしょう。

琢磨ファンとしては残念な結果ですが、F1の選択肢としては、
どうやらこのロータスとの交渉一本に絞っていたようで、
F1復帰は相当厳しいようです。

あとのストーブリーグの噂ですが、ビックニュースとしては、
シューマッハのメルセデスGP入りが合意に至ったとのことです。
あとはフェラーリとのコンサルタント契約解消と医師のゴーサイン次第だとのことだ。


皇帝ミハエル・シューマッハの軌跡

ミハエルが実際に来季走るとなると、非常に見る側からすれば、
こんなに魅力的な話はないでしょう。
果たして、今のハミルトンやベッテル相手にどんな走りをするのか、
またチームメイトも若手の有望株、ニコ・ロズベルグですからね。
ブランクを感じさせない走りができたら、こんなに面白いF1はないと思います。

さて、あと日本人ドライバーですが、中嶋一貴はちょっと無理っぽそう・・・
しかし、小林可夢偉は結構名前が挙がっております。
中でも有力な交渉相手はザウバーのようですね。
ペーター・ザウバーはベテランと若手のコンビにしたいと話しており、
シューマッハのメルセデスGP入りが決まれば、そのベテランとしては、
ニック・ハイドフェルドに決まるのではないだろうか。
そうすると、もう一人の若手としては、コバライネンのロータス入りが決まれば、
小林可夢偉ぐらいしか、今、名前の上がっている中ではいなくなる。

シューマッハのF1復帰と小林可夢偉のF1シート獲得・・・
来季を面白く見るためにも、是非とも決まって欲しいですね。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/165-929f2ed6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。