F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
史上最強のF1ドライバーと言われる、ミハエル・シューマッハ。
過去7度の総合優勝と通算91勝を挙げており、この記録は誰も打ち破れないだろう。
昨年、フェリペ・マッサ(28)がケガで戦列を離れた際には、
フェラーリからの電撃復帰を発表したが、以前にバイクレースで負傷した首が
完治していないことが判明し、このときは復帰を断念したという経緯があった。


皇帝ミハエル・シューマッハの軌跡

そのミハエルが、なんと来季は今年のチャンピオンチームを引き継いだ、
メルセデスGPで復帰するとの正式発表がありました。
3年間のブランクがあり、再びレースをしたい!という気持ちが、
徐々に高まっていたのだろう。
ドイツ人であるミハエル、そしてメルセデスのジュニアチームで、
自分が育成してもらったということもあり、今回のメルセデスGP設立で、
そのマシンをドライビングするということは当然のことであったのかもしれない。

契約金は700万ユーロ(約9億2000万円)だとのこと。
メルセデスGPは2010年シーズン、シューマッハーと、
ニコ・ロズベルグ(ドイツ)というオールドイツ体制で挑むことになる。。

ミハエルは、首の状態も良好だとのコメントも発表しており、
今回の決断に至った訳であるが、私自身この決断は尚早だと思います。
過去近年、ナイジェル・マンセル、そしてテストのみだがミカ・ハッキネンの
F1ドライブ結果を見る限り、栄光を為し得たF1ドライバーの復帰が
うまくいかないことは明らか。
1年程度であれば大丈夫であろうが、3年というブランクは大き過ぎます。
1回でも合同テストに参加して、他のドライバーと遜色のないタイムを出せると
判断に至ったうえで、契約ってできなかったのかな~
ただ、これでチャンピオン争いでもやるもんなら、やはり怪物なのでしょう。

これで、あとハイドフェルドの行き先はザウバーで決まりでしょう。
どんどん空きシートがなくなってきました。
琢磨、一貴は残りシートには名前が挙がっておりませんから、
無理っぽそうですね。

さあ、開幕戦!!
ザウバーの小林可夢偉がどこまでやるか?
そしてマクラーレン、ハミルトンとバトンの力関係はいかに?
フェラーリ、アロンソの実力本領発揮は?マッサと確執なくいられるか?
それにミハエルの現役復帰ですから、まあ、見てる側とすれば、
こんな興味深い幕開けはありませんね。
2009年あまり興味なく見てましたが、2010年F1は面白くなりそうです(^^)
(ただ、ライコネンがいないのがつまんないとこ・・・・)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/168-ac722187
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。