F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペーター・ザウバーは、小林可夢偉の2010年の
チームメイトが明らかになれば、皆驚くだろうと発言した。

現在、トヨタのサードドライバーであった小林可夢偉との契約が決定しているが、
ペーター・ザウバーはスイスのNZZ誌に対してこうコメントしている。
「小林を起用し、確かにこれには少しリスクがある。
しかしいい感触を持っているよ。もうひとりは経験のあるドライバーになり、
その豊富な経験と同時に新しいアイデアや知識を我々のところに持ち込んでくれる」
「それが誰なのか私は知っているが、まだ発表できる段階には至っていない。
その名を聞けばびっくりするだろう。しかしこのコンビネーションが
チームにとって重要なのだ。当初経験あるドライバーが6人市場に出ており、
早い段階から方向性は明らかになっていた」

メルセデスGPがミハエル・シューマッハの起用を決定し、
そのザウバーとの昔からの繋がりから、ニック・ハイドフェルドと
契約するもんやと思っていました。
けど違うようですね、新しいアイデアや知識を持ち込んでくれるって表現から、
ずっと在籍しているハイドフェルドではないことを示唆しています。

となると、今、名前が挙がってるのは、マクラーレンのテストドライバー、
ペドロ・デ・ラ・ロサである。
しかし、そんな驚くようなドライバーでもないと思うけどな~

あとはジャンカルロ・フィジケラの名前も挙がっているが、
フェラーリエンジンを積むことにより、フェラーリからプレッシャーを
受けているみたいだが、これも驚くドライバーでもない・・・

なので、この2人以外と考えられるのだがいかがだろう?
ベテランでF1復帰を目指してるとなるとラルフ・シューマッハとか?
どんでん返しの日本人ドライバーコンビで佐藤琢磨!!
・・・は100%ないだろうな。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/170-f793d519
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。