F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/2/1 バレンシアテスト
1 フェリペ・マッサ フェラーリ 1:12.574 102周
2 ペドロ・デ・ラ・ロサ ザウバー 1:12.784 74周
3 ミハエル・シューマッハ メルセデスGP 1:12.947 40周
4 ニコ・ロズベルグ メルセデスGP 1:13.543 39周
5 ゲイリー・パフェット マクラーレン 1:13.846 86周
6 ルーベンス・バリチェロ ウィリアムズ 1:14.449 75周
7 セバスチャン・ブエミ トロ・ロッソ 1:14.762 18周
8 ロバート・クビサ ルノー 1:15.000 69周

2010/2/2 バレンシアテスト
1 フェリペ・マッサ フェラーリ 1:11.722 124周
2 小林可夢偉 ザウバー 1:12.056 96周
3 ルイス・ハミルトン マクラーレン 1:12.256 108周
4 ロバート・クビサ ルノー 1:12.426 119周
5 ニコ・ロズベルグ メルセデスGP 1:12.899 119周
6 ルーベンス・バリチェロ ウィリアムズ 1:13.377 102周
7 セバスチャン・ブエミ トロ・ロッソ 1:13.823 107周


ミニチャンプス・PMA1/43 パナソニック トヨタ レーシングTF109 小林可夢偉 2009

今季、ザウバーを駆る、小林可夢偉であるが、
そのザウバーでの初テストが終了した。
前日はミハエル・シューマッハの久々のF1ドライブってことで話題になり、
そのミハエルが全体で3位、またチームメイトのニコ。ロズベルグを上回る
タイムを叩き出したので、さすが衰えてはいないことを証明しました。

そして2日目・・・
トップは前日と同じくフェラーリのフェリペ・マッサ。
これもまた怪我の後遺症も全くなく快調ですね。
今季のフェラーリはやはり速そうです。
アロンソとマッサのやり合いが頻繁に見られるかも・・・

そしてその2日目のタイムシート2番目に名前が来たのが、小林可夢偉。
マクラーレンのハミルトンを上回るタイムです。
この直前のウィンターテストはその上位タイムを、
最初から叩き出しているチームが序盤強いのは毎年の傾向なので、
ザウバーは前日もデ・ラ・ロサが2位のタイムを出していますから、
ひょっとするとフェラーリに続き2番手あたりに続くのでは?
と期待してしまいますね~(^^)
ルノーは琢磨の望みがなくなったし、一貴もステファンGPの参戦は難しそう・・・
可夢偉に存分の力を発揮してもらいたいです。


F1速報PLUSF1熱狂時代 2日本人ドライバーの伝説 1976-2009

あと、ウィリアムズ、トロロッソあたりは今年も苦戦しそうです。
そしてまだ、ニューチームは出てきませんが、
どのくらいのタイム出すのでしょうか?
次のテストが楽しみですね。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/174-a84a0c2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。