F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 5 F.アロンソ ルノー 1'19.905
2 9 K.ライコネン マクラーレン・メルセデス 1'19.932
3 3 J.バトン B・A・R Honda 1'20.207
4 10 J-P.モントーヤ マクラーレン・メルセデス 1'20.382
5 16 J.トゥルーリ トヨタ 1'20.459
6 2 R.バリチェッロ フェラーリ 1'20.906
7 6 G.フィジケラ ルノー 1'21.010
8 4 佐藤琢磨 B・A・R Honda 1'21.114
9 17 R.シューマッハ トヨタ 1'21.191
10 1 M.シューマッハ フェラーリ 1'21.275
11 11 J.ビルヌーブ ザウバー 1'21.352
12 7 M.ウェーバー ウィリアムズBMW 1'21.997
13 14 D.クルサード レッドブル 1'22.108
14 8 N.ハイドフェルト ウィリアムズBMW 1'22.117
15 15 C.クリエン レッドブル 1'22.207
16 12 F.マッサ ザウバー 1'22.495
17 19 N.カーティケヤン ジョーダン 1'23.583
18 21 C.アルバース ミナルディ 1'24.576
19 20 P.フリーザッハー ミナルディ 1'25.566
20 18 T.モンテイロ ジョーダン no time
※ライコネンはエンジン交換のため10番手降格

今回、23時まで仕事なんで、予選を録画していったんですけど、見事に失敗していました。
フリー走行はちゃんと録れていたんですけどね。
ちょうどモントーヤが走っているところで途切れました・・・(泣)

というわけで、あんましコメントできないです。

しかし、なんでライコネンはこんなに運ないんでしょうねえ~
今、一番マシンとドライバーの調和がぴったりはライコネンでしょう。
しかし2戦連続のエンジン交換・・・その前は最終ラップでのリタイヤでしょ?
去年もトラブル続きで、今年もまたトラブル続き・・・

あとバトンは、繰上げでフロントローですね、地元なので確実に表彰台狙ってくるでしょう。
今回のバトンと琢磨のタイム差見ると、給油作戦を違わせていると思うのですが、
区間最高速を見てみると琢磨の方がどのセクターも上なんですよ。
やはり二人の実力から判断して、一緒でしょうか。
バトンが入って、1周後に琢磨でしょうか・・・
少しでも琢磨が重いタンクで走っていることを願って、レースを待ちましょう!

sato2.jpg
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/18-fa9fd94d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。