F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 J.バトン マクラーレン 58 1:33'36''531
2 R.クビサ ルノー 58 1:33'48''565
3 F.マッサ フェラーリ 58 1:33'51''019
4 F.アロンソ フェラーリ 58 1:33'52''835
5 N.ロズベルグ メルセデス 58 1:33'53''214
6 L.ハミルトン マクラーレン 58 1:34'06''429
7 V.リウッツィ フォース・インディア 58 1:34'36''378
8 R.バリチェロ ウィリアムズ 58 1:34'37''067
9 M.ウェバー レッドブル 58 1:34'43''850
10 M.シューマッハ メルセデス 58 1:34'45''922
11 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ 58 1:34'47''832
12 P.デ・ラ・ロサ ザウバー 58 1:34'50''615
13 H.コバライネン ロータス 56 1:34'49''139
14 K.チャンドック HRT 55 1:33'38''174
(14) T.グロック ヴァージン 41 サスペンション
(16) L.ディ・グラッシ ヴァージン 26 油圧系
(1) S.ベッテル レッドブル 25 ブレーキ
(2) A.スーティル フォース・インディア 9 エンジン
(14) V.ペトロフ ルノー 9 スピン
(15) B.セナ HRT 4 油圧系
S.ブエミ トロ・ロッソ 0 小林と接触
N.ヒュルケンベルグ ウィリアムズ 0 小林と接触
小林 可夢偉 ザウバー 0 ウィング脱落
J.トゥルーリ ロータス - スタートせず

今回は非常に見応えありましたね~
開幕戦は、パレード走行を見てるかのようで飽き飽きしましたが・・・
雨はやはり、レース展開に不確定の要素を与えてくれます。
今回、その幸運を掴んだのはバトン。
特に彼は今回そんなに速かったわけではありません。
しかしピット戦略が非常に良い方向に働きました。


↑ハミルトンから主導を奪えるか?↑

逆に不運続きはベッテル。
開幕戦に引き続き、トップ快走中のマシントラブルですからね。
今季、一番強いのは明らかにベッテルなので、後々どんどん勝つでしょう。
まあ、今後のチャンピオンシップを面白くするには、
今回のトラブルもまあアリでは。

可夢偉も不運続きですが、マシン・・・全然熟成されてないですね。
新規チーム以外では、一番遅いと思います。

あとはやはりアロンソの強さが目立ちます。
スタート直後に、ミハエルと接触して後方に下がったのにも関わらず、
この結果。
ベッテル、アロンソのチャンピオン争いになるんかな~


レッドブルレーシング/RBRドライバーズCAP/S.ベッテル

次戦でもベッテルの強さは相変わらずでしょうが、
そこはニューウェイ作のシャシーなので、またトラブル発生するかも(^^;)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/181-ab275a41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。