F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 5 セバスチャン・ベッテル レッドブル
2 6 マーク・ウェバー レッドブル
3 4 ニコ・ロズベルグ メルセデスGP
4 11 ロバート・クビサ ルノー
5 14 エイドリアン・スーティル フォース・インディア
6 2 ルイス・ハミルトン マクラーレン
7 7 フェリペ・マッサ フェラーリ
8 1 ジェンソン・バトン マクラーレン
9 17 ハイメ・アルグエルスアリ トロ・ロッソ
10 10 ニコ・ヒュルケンベルグ ウィリアムズ
11 16 セバスチャン・ブエミ トロ・ロッソ
12 9 ルーベンス・バリチェロ ウィリアムズ
13 8 フェルナンド・アロンソ フェラーリ
14 25 ルーカス・ディ・グラッシ ヴァージン・レーシング
15 20 カルン・チャンドック ヒスパニア・レーシング
16 21 ブルーノ・セナ ヒスパニア・レーシング
17 19 ヤルノ・トゥルーリ ロータス
  18 ヘイキ・コバライネン ロータス
  12 ヴィタリー・ペトロフ ルノー
  15 ヴィタントニオ・リウッツィ フォース・インディア
  3 ミハエル・シューマッハ メルセデスGP
  23 小林可夢偉 BMWザウバー
  24 ティモ・グロック ヴァージン・レーシング
  22 ペドロ・デ・ラ・ロサ BMWザウバー

やっと、ベッテル勝てましたね~
まあ、マシントラブルがなければ、3連勝でしたから、
後々、面白くしてもらえるには、前2戦で勝てなくてよかったんですけどね。
しかし、マシンもええし、乗ってるドライバーも現役では、
アロンソ、ハミルトンと共に、超一流の腕ですから、
この結果も納得です。


F1 2009 本選仕様 レッドブル レーシング ルノー RB5 S.ベッテル

それとは逆に超一流の腕を持っていながら・・・
ミハエルのブランクと年齢からの衰えは非常に顕著です。
私はこのブログで何度か、この復帰には???をつけてきましたが、
やはりその予想通りでしょう。

一番、比較するのに最適なのはチームメイトですが、
ニコ・ロズベルグの速さには全然太刀打ちできておりません。
前にも、初戦3戦でどれだけ力を見せつけるかでナンバー1の座を、
シューマッハは射止めることができると書きましたが、
全て、ニコの後塵を拝しています。
これで、チームの力の入れ方も、ミハエルには傾かないでしょう。
これ以上、名を汚さないためにも、今年いっぱいで再引退すべきです。



そして、今回、初のQ3進出を達成した小林可夢偉。
またもマシントラブルでリタイヤ・・・
ここセパンはGP2でも優勝したことのある相性のいいコースで、
チームメイトのデ・ラ・ロサよりも常に速かったです。
まず、今年は常にチームメイトよりも速いタイムを出すこと。
それが来季に繋がる結果になりますから、くさらずに頑張って欲しいです。

今年の展開を面白くするためにも、ストップ・ザ・ベッテル!
次はハミルトンあたりに優勝してもらいたいな~
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/182-becda034
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。