F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 L.ハミルトン マクラーレン 1'28:47.620
2 J.バトン マクラーレン +2.6
3 M.ウェバー レッドブル +24.2
4 M.シューマッハ メルセデスGP +31.1
5 N.ロズベルグ メルセデスGP +32.2
6 R.クビサ ルノー +32.8
7 F.マッサ フェラーリ +36.6
8 F.アロンソ フェラーリ +46.5
9 A.スーティル フォース・インディア +49.0
10 小林可夢偉  BMWザウバー +1'05.6
11 P.デ・ラ・ロサ BMWザウバー +1'05.9
12 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ +1'07.8
13 V.リウッツィ フォース・インディア 1lap(s)
14 R.バリチェロ ウィリアムズ 1lap(s)
15 V.ペトロフ ルノー 1lap(s)
16 S.ブエミ トロ・ロッソ 1lap(s)
17 N.ヒュルケンベルグ ウィリアムズ 1lap(s)
18 T.グロック ヴァージン 3lap(s)
19 L.ディ・グラッシ ヴァージン 3lap(s)
20 K.チャンドック HRTF1 6lap(s)
21 B.セナ HRTF1 12lap(s)
22 S.ベッテル レッドブル 19lap(s)
23 H.コバライネン ロータス 25lap(s)
24 J.トゥルーリ ロータス 26lap(s)

今回はなんといっても、ウェバー、ベッテルのチームメイト同士の接触。
テレビの映像を見る限りは、ベッテルは完全にコーナーに入る前に
ウェバーの前に出ていたので、ウェバーのミスでしょう。
普通に道路走っていても、前の車は後ろの車の動きは把握しにくいです。
前に出てる車の動きを読む、判断力が大事。


F1 2009 本選仕様 レッドブル レーシング ルノー RB5 S.ベッテル

しかしベッテルの運のなさはすごいな~
間違いなく、今季一番強いドライバーがチャンピオンシップでは、
後方におります。
まあ、ニューウェイ作のマシンに乗るとこんな事多いですけどね(^^;)
マンセル、ライコネンもそうでした。

もうひとつチームメイト同士バトルはマクラーレンでも発生。
ハミルトンが抑える形になりましたが、イギリス人同士のええバトルでした。

あと、後方でも可夢偉とデ・ラ・ロサがポイント争い。
予選から、確実にデ・ラ・ロサより速い可夢偉でしたが、
終盤、完全にタイヤをダメにしてましたね。
なんとか抑え切りましたが、他のチームですと抜かれていたでしょう。


F1速報PLUSF1熱狂時代 2 日本人ドライバーの伝説 1976-2009

ただ、可夢偉は以前にも書きましたが、今までの日本人ドライバーにはない、
ここ一発で出せる速さを持っています。
国際映像にも非常に多く取り上げられる、ええ走りしているだけに、
今季はひとまず予選でQ3進出、決勝は絶えずチームメイトの前で
フィニッシュを目標に、頑張って欲しいです。

今回、レッドブル同士で自滅してくれたので、
チャンピオンシップは面白くなりました。
あともうちょいメルセデスGPとフェラーリが速かったなら、
もっと今後面白くなるのにな~
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/187-004b8e44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。