F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 L.ハミルトン マクラーレン 1'29:04.268
2 M.ウェバー レッドブル +1.5
3 R.クビサ ルノー +3.4
4 F.マッサ フェラーリ +8.2
5 A.スーティル フォース・インディア +9.0
6 N.ロズベルグ メルセデスGP +12.3
7 M.シューマッハ メルセデスGP +15.5
8 小林可夢偉  BMWザウバー +16.6
9 V.ペトロフ ルノー +23.8
10 V.リウッツィ フォース・インディア +34.8
11 P.デ・ラ・ロサ BMWザウバー +36.0
12 S.ブエミ トロ・ロッソ +39.8
13 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ +49.4
14 N.ヒュルケンベルグ ウィリアムズ +1Lap
15 S.ベッテル レッドブル +1Lap
16 H.コバライネン ロータス +1Lap
17 L.ディ・グラッシ ヴァージン +1Lap
18 T.グロック ヴァージン +1Lap
19 J.トゥルーリ ロータス +1Lap
20 山本左近  HRTF1 +2Laps
21 F.アロンソ フェラーリ +7Laps
22 J.バトン マクラーレン +29Laps
23 B.セナ HRTF1 +39Laps
24 R.バリチェロ ウィリアムズ +44Laps
※10位でフィニッシュしたJ.アルグエルスアリは、
シケインをショートカットしてV.リウッツィを追い越したため、
レース終了後20秒加算ペナルティが科せられ、13位に後退。

スパウェザー・・・
これだけコロコロと天候が変わると、レース展開が面白くなりますね。
ベルギーはホント見ていて楽しいレースが多いので、
いつもテレビの前に釘づけになります。
またこのコースは中高速のドライバーズサーキットで、
モナコ、モンテカルロが低速のドライバーの腕の差が出る
サーキットだとすると、ここスパも腕の差が出るサーキットです。
なので、クビサが予選でも決勝でも上位に来たのが納得。
ホント、巧くて速いドライバーです。

荒れる天候の中、安定した走りを見せたのはハミルトン。
ちょっとひやっとする場面はありましたけどね(^^;)
今のF1、一番安定して強いドライバーは彼でしょう。
アロンソも強いが、今回はツキに見放されましたね。

そのアロンソを中盤、見事に抑えたのが小林可夢偉。
マシン差を考えると、よくやったと言いたいですね。
今回、予選での失敗がありましたが、見事なカバーリング。
この入賞はまた世界中を可夢偉に目を向けさせたでしょう。
スパと同じような中高速サーキットである鈴鹿まであと少し。
ポイントを連続でゲットしたまま戻ってきて欲しいです。


F1速報PLUSF1熱狂時代 2 日本人ドライバーの伝説 1976-2009

チャンピオンシップ争いは、ハミルトンがリーダーに。
今回、バトン、アロンソがリタイヤしたことによって、
ハミルトン、ウェバー、ベッテルに絞られてきたかなと思います。
ただ、次のモンツァでアロンソが優勝すれば、
アロンソもまだまだ分からないかな(^^)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/196-fc5db40f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。