F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 F.アロンソ フェラーリ 1'57:53579
2 S.ベッテル レッドブル +0.2
3 M.ウェバー レッドブル +29.1
4 J.バトン マクラーレン +30.3
5 N.ロズベルグ メルセデスGP +49.3
6 R.バリチェロ ウィリアムズ +56.1
7 R.クビサ ルノー +1'26.5
8 A.スーティル フォース・インディア +1'52.4
9 N.ヒュルケンベルグ ウィリアムズ +1'52.8
10 F.マッサ フェラーリ +1'53.3
11 V.ペトロフ ルノー +1lap
12 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ +1lap
13 M.シューマッハ メルセデスGP +1lap
14 S.ブエミ トロ・ロッソ +1lap
15 L.ディ・グラッシ ヴァージン +2laps
16 H.コバライネン ロータス +3laps
17 T.グロック ヴァージン +12laps
18 N.ハイドフェルド BMWザウバー +25laps
19 L.ハミルトン マクラーレン +26laps
20 C.クリエン HRTF1 +30laps
21 小林可夢偉  BMWザウバー +31laps
22 B.セナ HRTF1 +32laps
23 J.トゥルーリ ロータス +34laps
24 V.リウッツィ フォース・インディア +60laps

今回、可夢偉は予選がよかっただけに、焦りがありましたね。
前のシューマッハにずっと抑え続けられていただけに、
シューマッハを強引に抜けた、あそこでのペースアップは、
それまでタイヤ交換していなかった可夢偉には、
必要不可欠な状況であったにせよ、もったいないです。


F1速報PLUSF1熱狂時代 2 日本人ドライバーの伝説 1976-2009

それより、あの1回目のセーフティカー導入の際に、
ピット戦略としては入れるべきであったと思います。
これは、最初入らなかった上位チームにも言えることですね。
ここの市街地コースでは、なんらかでマシンがコース上に停まった際、
セーフティカーの導入が必須です。
今回2回目のセーフティカーは可夢偉のクラッシュまでなかったですが、
もっと前にあった可能性も非常に高かったと思います。

ここん所、ずっと決勝では可夢偉との争いが目立つのが、
ミハエル・シューマッハですね。
ミハエルに昔のタフさを微塵も感じません。
予選の速さもなくなりましたが、決勝での強さもないです。
今季のマシンはアンダーステアなマシンを好むバトン用に開発されたと、
それでオーダーなマシンを好む、ミハエルと合っていないと、
マシンのせいにしてるとこあります。、
速さは確かにそのせいもあると思いますけど、
決勝での全体的なペースの遅さは、年齢とブランクによるものが大きいです。
今季で再引退すべきだと私は思いますね。

さて、アロンソが連勝しました。
ここシンガポールでアロンソが勝つようなことがあると、
チャンピオンシップはアロンソ優位と前回の記事で申しましたが、
それに加えて、ベッテルが今回、ウェバーを上回る結果を残したので、
レッドブルに隠れたチームオーダーも出ないはずです。
フェラーリは完全にマッサを(来季続投を条件に^^;)
援護射撃に使えますから、この点でも俄然フェラーリ・アロンソに優位です。
もう一人の強いドライバー、ハミルトンが今回ノーポイントであったのもあり、
アロンソ、ワールドチャンピオンが現実味を帯びたと言っていいでしょう。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/201-3790b085
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。