F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BMWザウバーは4日、メキシコ人ドライバーのセルジオ・ペレスと、
2011年のドライバー契約を結んだと発表した。
これで来季のザウバーは、小林可夢偉とペレスのコンビとなることが決まった。
また、ザウバーは今回の発表で来季からペレスを起用することに加えて、
メキシコの大手通信企業テルメックスとのパートナーシップも発表している。
(以上、引用)


F1 2010 本選仕様 ザウバー C29 #23 ヨーロッパGP 7位 小林可夢偉

こりゃ、意外な名前が挙がりましたね~
持ち込みスポンサーフィの高いドライバーをザウバーは選択せざる得ない状況、
相当、来季は資金難なんでしょう。
来季マシンの開発ってどの程度進んでいるんでしょうね。
今季以上に遅い車にならないように、資金をつぎ込んで欲しいところ。

そして、今回、ルーキードライバーの起用は、
可夢偉の力を認められてこそも一因であると考えられます。
今季、ずっとデ・ラ・ロサとの比較で、速さはイーブン、
レースでの勝負強さは可夢偉が上との結果が出ておりましたが、
前戦シンガポールでハイドフェルドがドライビングすることで、
改めて、可夢偉の速さ、強さを認識できての結果ですね。

これで来季、可夢偉はザウバーのエースドライバーとなります。
セルジオ・ペレスの実力は全くの未知数ですが、
これで少しでもルーキーに負けることがあれば、
可夢偉の今後は非常に危ういものとなるのではないでしょうか。
可夢偉に次ぐ日本人ドライバーが、まだまだ育っていない現状では、
日本とF1を繋ぐ役目は、車メーカーが全く参戦していない今、
可夢偉に頑張ってもらうしかないですもんね。


F1速報PLUSF1熱狂時代 2 日本人ドライバーの伝説 1976-2009

まずは今週末、鈴鹿で予選トップ10を!!
期待しています。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/203-dda8662e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。