F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 F.アロンソ フェラーリ 2:48:20.810
2 L.ハミルトン マクラーレン +14.9
3 F.マッサ フェラーリ +30.8
4 M.シューマッハ メルセデスGP +39.6
5 R.クビサ ルノー +47.7
6 V.リウッツィ フォース・インディア +53.5
7 R.バリチェロ ウィリアムズ +1'09.2
8 小林可夢偉  BMWザウバー +1'17.8
9 N.ハイドフェルド BMWザウバー +1'20.1
10 N.ヒュルケンベルグ ウィリアムズ +1'20.8
11 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ +1'24.1
12 J.バトン マクラーレン +1'29.9
13 H.コバライネン ロータス +1lap(s)
14 B.セナ HRTF1 +2lap(s)
15 山本左近  HRTF1 +2lap(s)
16 A.スーティル フォース・インディア +9lap(s)
17 S.ベッテル レッドブル +10lap(s)
18 V.ペトロフ ルノー +16lap(s)
19 T.グロック ヴァージン +24lap(s)
20 S.ブエミ トロ・ロッソ +25lap(s)
21 L.ディ・グラッシ ヴァージン +30lap(s)
22 J.トゥルーリ ロータス +30lap(s)
23 M.ウェバー レッドブル +37lap(s)
24 N.ロズベルグ メルセデスGP +37lap(s)

最速の2台が完走できなかった今回の韓国GP。
チャンピオンシップ争いとしては、非常に面白くなったと言えます。
ベッテルはエンジントラブルですから、
仕方ないとしても、ウェバーは自分のミスですからね。
このレベルのドライバーにチャンピオンは獲って欲しくないな
ってのが私の本音です。
ベッテルが今季、マシンのトラブル多発がなければ、
圧倒的独走でチャンピオンだったでしょうからね。

それに対して、アロンソはさすが現役最強をみせつけました。
これでポイントリーダーに立ったわけですが、
以前の記事でしていたように、シンガポールで勢いづけば、
アロンソのチャンピオン獲得が非常に高くなると書きましたが、
序々にそのようになってきましたね。

そして今回暴れまくったのは、「レインマン」スーティル。
彼の雨天時のブレーキングの深さはいつもすごいって思うんですが、
今回、その相手が小林可夢偉・・・
可夢偉のブレーキングもいつも先の方までいきますからね、
無茶してコースアウトしてしまいました。

レース後の裁定で、スーティルが避けられる接触を避けなかったとして、
次戦ブラジルGPでの5グリッド降格を言い渡した。
で、そこでスーティル、いらん言い訳したみたいで(^^;)
「レースを通じてブレーキにトラブルが発生していることを認識していた」
って言っちゃったんですね。
危険な状態を認識しているのに無茶な走行をしたってことで、
さらに1万ドル(約81万円)の罰金が科されました。

あと、今回一番かわいそうだったのはロズベルグですね。
ウェバーのミスによるもらい事故。
序盤にハミルトンをオーバーテイクし、非常に安定した速さを、
メルセデスGPのマシンで発揮していただけに残念。
もっと彼の才能は認められるべきだと思います。

あと2戦。。。
今季、本当に速くて強いマシンとドライバーのパッケージは、
ベッテルだと思います。
今季の真の実力者にチャンピオンは獲って欲しいというのが私の本音です。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/207-b40d7b72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。