F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 S.ベッテル レッドブル 33:11.8
2 M.ウェバー レッドブル 4.2
3 F.アロンソ フェラーリ 6.8
4 L.ハミルトン マクラーレン 14.6
5 J.バトン マクラーレン 15.5
6 N.ロズベルグ メルセデスGP 35.3
7 M.シューマッハ メルセデスGP 43.4
8 N.ヒュルケンベルグ ウィリアムズ +1Lap
9 R.クビサ ルノー +1Lap
10 小林可夢偉  BMWザウバー +1Lap
11 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ +1Lap
12 A.スーティル フォース・インディア +1Lap
13 S.ブエミ トロ・ロッソ +1Lap
14 R.バリチェロ ウィリアムズ +1Lap
15 F.マッサ フェラーリ +1Lap
16 V.ペトロフ ルノー +1Lap
17 N.ハイドフェルド BMWザウバー +1Lap
18 H.コバライネン ロータス +2Laps
19 J.トゥルーリ ロータス +2Laps
20 T.グロック ヴァージン +2Laps
21 B.セナ HRTF1 +2Laps
22 C.クリエン HRTF1 +6Laps
23 L.ディ・グラッシ ヴァージン +9Laps
24 V.リウッツィ フォース・インディア +22Laps

今回のポールはなんと、ヒュルケンベルグ!
雨の降る不安定な状況の中で非常にいい判断をしたチームも立派だが、
ヒュルケンベルグ自身の力も大きいです。
ウィリアムズは来季財政難のため、ペイドライバーを乗せなければ
ならざる状況に陥っているだけに、こういう実力のあるドライバーが
来季乗るシートがないかもって状態はなんとかなんないかなって思います。

ただ、このコースに一番合っていたのはレッドブル。
ポイントリーダーのアロンソもここでは3位狙いに徹しましたね。
ただ、ベッテルの優勝のおかげで、最終戦が非常に面白くなりました。
アロンソ、ウェバー、ベッテル・・・三つ巴の争いは、
最終戦に委ねられます。
ハミルトンも望みはありますけど、これは除外ですね。

小林可夢偉は10位入賞。
いつもの前半できるだけハードタイヤを持たせて、
後半ソフトでがんがんいく、今年何回も成功させたスタイル。
難しいレースではあったけど、無難によくまとめたと思います。

最終戦アブダビGPは予選から面白そうですね。
個人的には、ベッテルの大逆転優勝を見たい気がします。
今季、一番速かったのは彼ですもん。
楽しみ♪
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/208-b77d6ed9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。