F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今季のチャンピオン争いは最終戦にまでもつれ込みました。
可能性ということであれば、まだ4人にチャンスが残されています。
しかしハミルトンは、上位3人が全てリタイヤし、
尚かつ優勝しない限りほぼ可能性はありません。
なので、そんな確率はほぼ0ですから除外します。

ベッテルは現在、ポイントランキング3位。
逆転する望みとすれば、最終戦で優勝して、
尚かつアロンソが5位以下になれば、チャンピオンを手中にできます。

そしてウェバーは、ポイントランキング2位。
最終戦に優勝すれば、アロンソが3位以下になればチャンピオンになれます。

これがどういうことかと言えば、ベッテルがこのポイント操作に加担できるんですよ。
こうベッテルは語っています。
「僕らは激しくレースをするだろう。そして自分たちがどこにいるかを
確かめるだろうね。僕の場合、状況はかなりハッキリしていると思う。
理想を言えば、ブラジルの結果を再び繰り返すことだ。
でも、それは他のふたりがどのポジションにいるかによるよ」

アブダビGPのコースでは、おそらく雨でも降らない限り、
レッドブルのマシンの圧勝でしょう。
もし、ベッテルが終盤までトップを走っていたとします。
そこで気にするのは、アロンソのポジションです。
アロンソが3位か4位にいた場合に、ウェバーが2位を走っていたら、
最後にはポジションをウェバーに譲る可能性があります。
するとウェバーにチャンピオンが転がり込んできます。

アロンソが3位か4位を決勝で走っている可能性は非常に高いと思います。
これはドライバー個人の判断で、チームオーダーではないが、
操作されたランキングってことで、ちょっともやっとするな~
自身の希望としては、ベッテル優勝、アロンソ5位以下で、
ベッテルがチャンピオンってのが、
今年の締めくくりとしては最高やと思います。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/209-20312686
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。