F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レッドブル・ルノー
1:セバスチャン・ベッテル
2:マーク・ウェーバー

マクラーレン・メルセデス
3:ルイス・ハミルトン
4:ジェンソン・バトン

フェラーリ
5:フェルナンド・アロンソ
6:フェリペ・マッサ

メルセデスGP
7:ミハエル・シューマッハ
8:ニコ・ロズベルグ

ロータス・ルノーGP
9:ロバート・クビサ
10:ヴィタリー・ペトロフ

ウィリアムズ・コスワース
11:ルーベンス・バリチェロ
12:パストール・マルドナド(※ニコ・ヒュルケンベルグと交代)

フォース・インディア・メルセデス
14:エイドリアン・スーティル
15:ポール・ディ・レスタ(※ヴィタントニオ・リウッツィと交代)

ザウバー・フェラーリ
16:小林可夢偉
17:セルジオ・ペレス(※ニック・ハイドフェルドと交代)

トロロッソ・フェラーリ
18:セバスチャン・ブエミ
19:ハイメ・アルグエルスアリ

チーム・ロータス・ルノー
20:ヤルノ・トゥルーリ
21:ヘイキ・コバライネン

ヒスパニア・コスワース
22:ナレイン・カーティケヤン
23:未定

バージン・コスワース
24:ティモ・グロック
25:ジェローム・ダンブロシオ(ルーカス・ディグラッシと交代)

フォース・インディアが26日、2011年のドライバーシートを発表し、
まだ決定していないシートはヒスパニアレーシングの1席だけとなった。

去年はミハエル・シューマッハの衝撃的な復帰。
そして、契約が残っているキミ・ライコネンがラリーに去り、
フェラーリにアロンソが加わるという出来事もありましたね。
また、マクラーレンがハミルトン、バトンのイギリスコンビにもなりました。

今年は、上のドライバーズリストを見ていただいて分かるように、
非常に例年と比べて、動きが少なかったなと思います。
上位陣は全く変わっておりません。

残るヒスパニアのシートには、クリスチャン・クリエン、
ヴィタントニオ・リウッツィ、山本左近などの名前が挙がっています。
私は日本人なので、山本左近が参戦してくれれば・・・
なんて思いませんけどね(^^;)
彼はF1で競争できる能力はないように思います。

今季のニューマシン発表、そしてウィンターズテストももうすぐです!
どんな勢力図になるか非常に楽しみですね(^^)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/225-bc9dd1a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。