F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はトルコGP結果を書くのではなく、表題について述べたいと思います。

予選・・・あそこでのコースアウトに関しては仕方ないでしょう。
底を擦ってアンダーがでてしまっての結果ですからね。
ドライバーの腕ではどうしようもないです。
セッティングでのチームミスです。
しかしウェーバーの走行妨害・・・無線が使えなかったなら、より後方からいつ車がくるのか
注意するのを最優先に考えなければならないんではないですか?
燃料温存なんて考えちゃあかんでしょうに。
俺がウェーバーファンならきっと「佐藤はなにやってるんじゃ!」って思ったでしょう。

トルコGPが始まる前は、琢磨にも残留に少しは望みあるかと思っていましたが、
もうこれで駄目でしょうね。

イギリスF3 でチャンピオンになり、マカオF3でも優勝・・・
日本人で初めて世界に通用できるドライバーが出てきたと思いました。
去年は好調BARで、時々でもバトンよりも速さを見せていました。
シュー兄にもかなり認められてましたよね。
しかし今年はフリーでも予選でも決勝でも全くバトンに勝てないですね。
(燃料の搭載の違いで速かったことはありますが)
バトンはもちろん、他のドライバーからもかなり馬鹿にされている感があります。

来年は、まあ琢磨を獲りたいなんてチームはないでしょうね。
一番可能性が高いのは、BARのサードドライバーではないでしょうか。
あとはアメリカにでも行くかでしょうね、アメリカでホンダは大活躍ですから、
ある程度のチームに入れる可能性あるでしょう。
しかしそうなるともうF1には戻ってこれないでしょうね。

来年のF1は日本人皆無か~
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/23-266bb61c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。