F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
F1 ヘレステスト4日目の結果
1.ルーベンス・バリチェロ(ウィリアムズ)1分19秒832
2.小林可夢偉(ザウバー)1分20秒601
3.フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)1分21秒074
4.セバスチャン・ブエミ(トロ・ロッソ)1分21秒213
5.ブルーノ・セナ(ロータス・ルノーGP)1分21秒400
6.ヘイキ・コバライネン(チーム・ロータス)1分21秒632
7.ニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)1分22秒103
8.セバスチャン・ベッテル(レッドブル)1分22秒222
9.ジェンソン・バトン(マクラーレン)1分22秒278
10.ジェローム・ダンブロシオ(ヴァージン)1分22秒985
11.ポール・ディ・レスタ(フォース・インディア)1分23秒111

スペインのヘレス・サーキットで13日(日)F1合同テストの4日目が行われた。
トップタイムはウィリアムズのルーベンス・バリチェロ。
日本期待、ザウバーの小林可夢偉は2番手の記録を叩き出した。

今季の各チームニューマシンの実力を占うウィンターテストが始まっています。
バルセロナ、ヘレスと行われてきたわけですが、
どうも各チーム、どこが速いってのが分からないですね。
コロコロ、各日程によってトップタイムを叩き出すチームが違います。

まあ、注目はロータス・ルノーのクビサの代役ですが、
3日目にハイドフェルドがトップタイムを叩き出しましたね。
ザウバー時代にクビサとチームメイトであったハイドフェルドですが、
ほぼクビサと遜色のないタイムを叩き出してただけに、
これで決まりではないでしょうか。

可夢偉は2番手タイムですけど、これも???が3つぐらいつきます。
昨年もザウバーは結構、このウィンターテスト、好調のように見えましたが、
スポンサー獲得の為に、ガソリンを軽く走っていたって事実がありますもん。

しかし、それでも今季のF1は昨年以上に混戦なる予感がします。
また次のテスト結果が楽しみですね。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/230-0dc179a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。