F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1, 5 T.ブーツェン ウイリアムズ FW13 ルノー V10 G 70 2:00'17.421  
2,19 A.ナニーニ ベネトン B189 フォード V8 G 70 2:00'46.079 +28.658  
3, 6 R.パトレーゼ ウイリアムズ FW13 ルノー V10 G 70 2:00'55.104 +37.683  
4,12 中嶋 悟 ロータス 101 ジャッド V8 G 70 2:00'59.752 +42.331  
5,20 E.ピロ ベネトン B189 フォード V8 G 68 2:02'03.998 2Laps  
6,23 P.マルティニ ミナルディ M189 フォードコスワースP 67 2:01'18.164 3Laps  
7,15 M.グージェルミン マーチ CG891 ジャッド V8 G 66 2:00'24.757 4Laps  
8, 8 S.モデナ ブラバム BT58 ジャッド V8 P 64 2:01'51.005 6Laps  
Ret 10 E.チーバー アロウズ A11 フォード コスワースDFR-V8 G 42 -  
Ret 37 J.J.レート オニクス ORE1 フォード コスワースDFR-V8 G 27 -  
Ret 26 O.グルイヤール リジェ JS33 フォード コスワースDFR-V8 G 22 -  
Ret 11 N.ピケ ロータス 101 ジャッド V8 G 19 -  
Ret 18 P.ギンザーニ オゼッラ FA1M フォード コスワースDFR-V8 P 18 -  
Ret 27 N.マンセル フェラーリ 640 フェラーリ V12 G 17 -  
Ret 1 A.セナ マクラーレン MP4/5 ホンダ V10 G 13 -  
Ret 21 A.カッフィ ダッラーラ BMS189 フォード コスワースDFR-V8 P 13 -  
Ret 16 I.カペリ マーチ CG891 ジャッド V8 G 13 -  
Ret 22 A.デ・チェザリス ダッラーラ BMS189 フォード コスワースDFR-V8 P 12 -  
Ret 7 M.ブランドル ブラバム BT58 ジャッド V8 P 12 -  
Ret 9 D.ワーウィック アロウズ A11 フォード コスワースDFR-V8 G 7 -  
Ret 30 P.アリオー ローラ LC89 ランボルギーニ V12 G 6 -  
Ret 28 G.ベルガー フェラーリ 640 フェラーリ V12 G 6 -  
Ret 4 J.アレジ ティレル 018 フォード コスワースDFR-V8 G 5 -  
Ret 25 R.アルヌー リジェ JS33 フォード コスワースDFR-V8 G 4 -  
Ret 17 N.ラリーニ オゼッラ FA1M フォード コスワースDFR-V8 P 0 -  
Ret 2 A.プロスト マクラーレン MP4/5 ホンダ V10 G 0

この年の最終戦は非常に重い空気のまま開幕しました。
前戦鈴鹿で、セナはトップチェッカーを受けたものの、
シケイン不通過のため失格を受けることとなる。
そしてその時点でプロストのワールドチャンピオンが決定するわけだが、
これに対し、マクラーレンは提訴するのだ。
(自身のチームであるプロストがチャンピオンをとったにも関わらずである)
しかし、FIAの国際控訴法廷による判決は、セナの失格処分を支持し、
さらに10万ドルの罰金と6ヶ月の執行猶予付き出場停止を課すという厳しいものであった
マクラーレン代表のロン・デニスはこの件について、
民事訴訟を起こすことも示唆する中でレースウィークを迎えたのだ。

そしてレース当日・・・
非常に激しい雨で、スタートが30分遅れた。
プロストはこんなコンディションで走るのは危険と訴え、早々にリタイヤしてしまう。
セナは、その訴訟次第で、このレースに勝てば、逆転チャンピオンの可能性もあるので、
雨の中、アグレッシブな走りを展開します。
雨のセナはホント速かったですもんね。
しかし、14周目に前方のブランドルに追突し、リタイヤしてしまいます。
これで、この年のセナのチャンピオンの可能性はなくなりました。

その中、水を得た魚のように活き活きと走るのは中嶋悟。
この当時のF1マシンにはパワステがなかったので、結構苦労していた中嶋さん。
雨の中ですと、その力はあまり必要なく、微妙なコントロールができたんです。
これが「雨の中嶋」と言われる由来。

脅威の追い上げで4位に。
そのあとは、前のパトレーゼをファステストラップ更新で追い上げるも、
惜しくも届きませんでした。

以前から好きでしたけど、このレースで余計に中嶋さん好きになりましたね。
引退する年(1991年)の最終戦アデレードでも雨降ったので、この再現も期待したんですけど・・・
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/235-03b22ab2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。