F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 N.ピケ ベネトン 81 1:49'44''570
2 N.マンセル フェラーリ 81 1:49'47''699
3 A.プロスト フェラーリ 81 1:50'21''829
4 G.ベルガー マクラーレン 81 1:50'31''432
5 T.ブーツェン ウィリアムズ 81 1:51'35''730
6 R.パトレーゼ ウィリアムズ 80 1:50'06''735
7 R.モレノ ベネトン 80 1:50'49''875
8 J.アレジ ティレル 80 1:51'05''395
9 P.マルティニ ミナルディ 79 1:50'07''290
10 N.ラリーニ リジェ 79 1:50'59''005
11 P.アリオー リジェ 78 1:50'33''092
12 S.モデナ ブラバム 77 1:49'46''959
13 O.グルイヤール オゼッラ 74 1:50'31''199
(12) E.ピロ スクーデリア・イタリア 68 エンジン
(1) A.セナ マクラーレン 61 スピン
(15) G.タルキーニ AGS 58 エンジン
(10) J.ハーバート ロータス 57 クラッチ
(11) 中嶋 悟 ティレル 53 スピン
(13) I.カペリ レイトンハウス 46 スロットル
(10) D.ワーウィック ロータス 43 ギアボックス
(13) M.グージェルミン レイトンハウス 27 ブレーキ
(16) A.デ・チェザリス スクーデリア・イタリア 23 電気系
(16) E.ベルナール ラルース 21 ギアボックス
(21) G.モルビデリ ミナルディ 20 ギアボックス
(25) D.ブラバム ブラバム 18 スピン
(21) 鈴木 亜久里 ラルース 6 ギアボックス

前戦、鈴鹿にて最悪な形でセナがチャンピオンに輝きました。
そのどんよりした空気がここオーストラリアまで漂っておりました。
この最終戦では、ドライバー全員での記念写真があるんですけど、
プロストはこれを拒否します。

ただ、決勝は快晴。
気温もどんどん上がり、真夏のようです。
そのどんよりした空気を払拭するかのようでした。

ポールはセナ。
そして、レーススタート後も着実にトップで周回を重ねます。
しかし、急にマシンの挙動がおかしくなり、コースアウト。
そのままリタイヤとなります。


セナ生誕50年記念 「セナvsプロスト」

そんな中、安定した走りをするのが前戦鈴鹿で優勝のピケ。
この年のベネトンは速さはないけど、コーナーでの安定感と、
信頼性はピカイチのマシンでした。

その安定したマシンで、タイヤ無交換で挑んだピケはトップへ。
そのまま優勝をかっさらいます。

前年、走らないロータス・ジャッドで苦しんでいたピケとは思えませんでした。
ラテン系のドライバーってこういうノリ多いですね。
今季、マッサがそういう復活した走りを見せられるか?
今季駄目なら、フェラーリのシートは誰か別の人間になっちゃうので正念場ですな。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/236-eb1d9e02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。