F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 S.ベッテル レッドブル 2:09:38.373
2 F.アロンソ フェラーリ +1.1
3 J.バトン マクラーレン +2.3
4 M.ウェバー レッドブル +23.1
5 小林可夢偉 ザウバー +26.9
6 L.ハミルトン マクラーレン +47.2
7 A.スーティル フォース・インディア 1lap
8 N.ハイドフェルド ロータス・ルノーGP 1lap
9 R.バリチェロ ウィリアムズ 1lap
10 S.ブエミ トロ・ロッソ 1lap
11 N.ロズベルグ メルセデスGP 2lap(s)
12 P.ディ・レスタ フォース・インディア 2lap(s)
13 J.トゥルーリ チーム・ロータス 2lap(s)
14 H.コバライネン チーム・ロータス 2lap(s)
15 J.ダンブロシオ ヴァージン 3lap(s)
16 V.リウッツィ HRT 3lap(s)
17 N.カーティケヤン HRT 4lap(s)
18 P.マルドナード ウィリアムズ 5lap(s)
19 V.ペトロフ ロータス・ルノーGP 11lap(s)
20 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ 12lap(s)
21 F.マッサ フェラーリ 46lap(s)
22 M.シューマッハ メルセデスGP 46lap(s)
23 T.グロック ヴァージン 48lap(s)
24 S.ペレス ザウバー 78lap(s)

モナコは抜けない市街地コース。
過去、明らかに1周2秒は遅い車でも抜けなかったでしょう。
しかしKERSとDRSでそれは少しは改善されたようです。
少しはオーバーテイクシーンがありましたね。
ま、無茶やる車も多くて、あっちゃこっちゃでぶつかってましたが。
特にミハエルとハミルトンは荒かったですね。

そんな中、可夢偉は5位入賞!
予選までは苦しんでいただけに、立派な成績でしょう。
スーパーソフトで最初走る車が多い中、ソフトでスタート。
去年から、硬い側のタイヤでロングランするのが得意な可夢偉。
うまくタイヤをコントロールしていましたね。
もし、マッサのクラッシュがなければ、もう少し上も狙えてたかもです。

ただスーティルを抜いたのはちょっと無謀でしたね。
あれでよく壊れずに前に出れたのは、運のよさでしょう。
可夢偉は去年後半から、そういう悪運に恵まれているようです。
もしかしたら、あびる優が「あげまん」なのかもしれません(^^;)

これで開幕失格がなければ、今年全て入賞です。
決勝での巧さが、過去の日本人ドライバーになかったものを持っています。
あと、よくテレビで右京さんが言っているように、
トップチームへ移籍できるインパクトですね。
今回もウェバーを抑え切ったら、相当株上がったでしょうに・・・

しかしベッテル強すぎるな~
1992年にマンセルがウィリアムズでチャンピオン獲った時以上かも。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/246-9499e1ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。