F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 5 フェルナンド・アロンソ (ESP) フェラーリ F150th Ferrari 056 1:28'41.196
2 1 セバスチャン・ベッテル (GER) レッドブル RB7 Renault RS27-2011 1:28'57.707 +16.511
3 2 マーク・ウェバー (AUS) レッドブル RB7 Renault RS27-2011 1:28'58.143 +16.947 1 1'30.399
4 3 ルイス・ハミルトン (GBR) マクラーレン MP4-26 Mercedes FO108X 1:29'10.182 +28.986 10 1.977
5 6 フェリペ・マッサ (BRA) フェラーリ F150th Ferrari 056 1:29'10.206 +29.010 4 0.725
6 8 ニコ・ロズベルグ (GER) メルセデスGP MGP W02 Mercedes FO108X 1:29'41.861 +1'00.665 9 1.81
7 17 セルジオ・ペレス (MEX) ザウバー C30 Ferrari 056 Pirelli 52 1:29'46.786 +1'05.590 12 2.225
8 9 ニック・ハイドフェルド (GER) ルノー R31 Renault RS27-2011 1:29'56.738 +1'15.542 16 3.406
9 7 ミハエル・シューマッハ (GER) メルセデスGP MGP W02 Mercedes 1:29'59.108 +1'17.912 13 2.257
10 19 ハイメ・アルグエルスアリ (ESP) トロ・ロッソ STR6 Ferrari 056 1:30'00.304 +1'19.108 18 4.846
11 14 エイドリアン・スーティル (GER) フォース・インディア Mercedes 1:30'00.908 +1'19.712 11 2.218
12 10 ヴィタリー・ペトロフ (RUS) ルノー R31 Renault RS27-2011 1:30'01.877 +1'20.681 14 2.335
13 11 ルーベンス・バリチェロ (BRA) ウィリアムズ FW33 Cosworth CA2011 +1周 15 2.720
14 12 パストール・マルドナド (VEN) ウィリアムズ FW33 Cosworth CA2011 +1周 7 1.534
15 15 ポール・ディ・レスタ (GBR) フォース・インディア VJM04 Mercedes +1周 6 1.530
16 24 ティモ・グロック (GER) ヴァージン MVR-02 Cosworth CA2011 +2周 20 5.804
17 25 ジェローム・ダンブロジオ (BEL) ヴァージン MVR-02 Cosworth CA2011 +2周 22 6.755
18 23 ビタントニオ・リウッツィ (ITA) HRT F111 Cosworth CA2011 +2周 23 7.085
19 19 ダニエル・リカルド (AUS) HRT F111 Cosworth CA2011 +3周 24 7.660
リタイア
タイヤ 4 ジェンソン・バトン (GBR) マクラーレン MP4-26 Mercedes FO108X Pirelli 39
タイヤ 18 セバスチャン・ブエミ (SUI) トロ・ロッソ STR6 Ferrari 056 Pirelli 25
エンジン 16 小林 可夢偉 (JPN) ザウバー C30 Ferrari 056 Pirelli 23 8 1.729
-- 20 ヤルノ・トゥルーリ (ITA) ロータス T128 Renault RS27-2011 Pirelli 10 21 6.057
ギアボックス 21 ヘイキ・コバライネン (FIN) ロータス T128 Renault RS27-2011 Pirelli 2

まず、言いたいのは何やってんねんミハエル!!
今季の可夢偉がスピンっておかしいなって思ったんですよ。
リプレイ映像見て納得、ミハエルが後ろから突っ込んだんですね。
昔、雨のベルギーGPで佐藤琢磨がミハエルにオカマ掘って、
頭ポカリとやられたシーンを思い出しました。
それと同じこと自分がやっとるやん。
もう今季でやめりゃええのに。
10秒ピットストップだけでは、ペナルティは軽いでしょ。

その可夢偉ですがピットアウト時にまた接触。
フロントウィングのエンドプレートを壊し、
それにプラスして、10秒ピットストップペナルティ。
これでもうこのレース駄目かなってとこで、
さらに、エンジンオイル漏れで、白煙あげてストップ。
まあ、こういう不運は17レースもあると1つはありますから、
仕方ないでしょう。

そのザウバーのマシンですが、ペレスは7位やったんで、
マシンとしては好調なんやと思います。
次もまたこの運のなさはないはずですから、
自身も言ってましたが次回ですね。

今回はストップ・ザ・ベッテルが。
ピットストップのミスがあったにせよ、
アロンソの強さは私がずっと言っているように現役最強です。

今回は見せ場の多いレースでした。
次回、ドイツは可夢偉と共に、ストップ・ザ・ベッテルを!
(別にアンチ・ベッテルではありませんよ、逆に好きなドライバ-です)
チャンピオンシップも面白くして欲しいです。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/251-560c6b5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。