F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 M.ウェバー (AUS) レッドブル 1'30.079
2 L.ハミルトン (GBR) マクラーレン 1'30.134
3 S.ベッテル (GER) レッドブル 1'30.216
4 F.アロンソ (ESP) フェラーリ 1'30.442
5 F.マッサ (BRA) フェラーリ 1'30.910
6 N.ロズベルグ (GER) メルセデスGP 1'31.263
7 J.バトン (GBR) マクラーレン 1'31.288
8 A.スーティル (GER) フォース・インディア 1'32.010
9 V.ペトロフ (RUS) ルノー 1'32.187
10 M.シューマッハ (GER) メルセデスGP 1'32.482
11 N.ハイドフェルド (GER) ルノー 1'32.215
12 P.ディ・レスタ (GBR) フォース・インディア 1'32.560
13 P.マルドナド (VEN) ウィリアムズ 1'32.635
14 R.バリチェロ (BRA) ウィリアムズ 1'33.043
15 S.ペレス (MEX) ザウバー 1'33.176
16 S.ブエミ (SUI) トロ・ロッソ 1'33.546
17 J.アルグエルスアリ (ESP) トロ・ロッソ 1'33.698
18 小林 可夢偉 (JPN) ザウバー 1'33.786
19 H.コバライネン (FIN) ロータス 1'35.599
20 T.グロック (GER) ヴァージン 1'36.400
21 K.チャンドック (IND) ロータス 1'36.422
22 J.ダンブロジオ (BEL) ヴァージン 1'36.641
23 D.リカルド (AUS) HRT 1'37.036
24 V.リウッツィ (ITA) HRT 1'37.011

こういう高速コースは合っていると思われたザウバー。
しかし、蓋を開けてみると大苦戦。
フリー走行から、15~20番手あたりを、
可夢偉もペレスも行ったり来たり。
今回のザウバーの実力はこんなもんなんでしょう。

可夢偉もQ1で敗退。
今回のザウバーの実力では、Q1でタイヤ温存させる作戦はあかんでしょ。

明日、決勝もこの様子やと苦戦を予想しますね。
いつものジャンプアップも見られないかなって思います。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/253-5d28dbaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。