F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 ルイス・ハミルトン マクラーレン MP4-26 Mercedes 1:37'30.334
2 フェルナンド・アロンソ フェラーリ F150th Ferrari 1:37'34.314
3 マーク・ウェバー レッドブル RB7 Renault RS27 1:37'40.122
4 セバスチャン・ベッテル レッドブル RB7 Renault RS27 1:38'18.255
5 フェリペ・マッサ フェラーリ F150th Ferrari 1:38'22.586
6 エイドリアン・スーティル フォース・インディア VJM04 Mercedes1:38'56.542
7 ニコ・ロズベルグ メルセデスGP MGP W02 Mercedes FO108X +1周
8 ミハエル・シューマッハ メルセデスGP MGP W02 Mercedes FO108X +1周
9 小林 可夢偉 ザウバー C30 Ferrari 056 +1周
10 ヴィタリー・ペトロフ ルノー R31 Renault RS27-2011 +1周
11 セルジオ・ペレス ザウバー C30 Ferrari 056 +1周
12 ハイメ・アルグエルスアリ トロ・ロッソ STR6 Ferrari 056 +1周
13 ポール・ディ・レスタ フォース・インディア VJM04 Mercedes FO108X +1周
14 パストール・マルドナド ウィリアムズ FW33 Cosworth +1周
15 セバスチャン・ブエミ トロ・ロッソ STR6 Ferrari +1周
16 ヘイキ・コバライネン ロータス T128 Renault RS27 +2周
17 ティモ・グロック ヴァージン MVR-02 Cosworth CA2011 +3周
18 ジェローム・ダンブロジオ ヴァージン MVR-02 Cosworth CA2011 +3周
19 ダニエル・リカルド HRT F111 Cosworth CA2011 +3周
20 カルン・チャンドック ロータス T128 Renault RS27-2011 +4周
リタイア
電気系 ビタントニオ・リウッツィ (ITA) HRT F111 Cosworth CA2011
ハイドロリック ジェンソン・バトン (GBR) マクラーレン MP4-26 Mercedes FO108X
オイル漏れ ルーベンス・バリチェロ (BRA) ウィリアムズ FW33 Cosworth
アクシデント ニック・ハイドフェルド (GER) ルノー R31 Renault RS27


1/8 スケール マクラーレン・メルセデス MP4/24 ルイス・ハミルトン

昨日の予選では、決勝、可夢偉のジャンプアップは
難しいだろうと予想しましたが、完全に私の見解ミスでした。
マシンの力はそれほどでなくても、
可夢偉の能力の高さを計算に入れていませんでした。
ブレーキングの懐の深さが可夢偉の武器で、
その伝家の宝刀を発揮してくれました。
序盤での11位までのジャンプアップは、
さすがとしか言いようがない。

そしてピットストップ後、中盤で因縁のミハエルの後ろへ。
前回ぶつけられたお返しをやれるかなと思いましたが、
ストレートの伸びないザウバーのマシンでは難しい。

なぜか地上波、後半完全に飛ばしましたね。
いつの間にあと8周?
可夢偉いつの間にか、タイヤ交換してるし。

結果、9位入賞。
まあ17番手からのスタートですと、よくやった結果。
今のザウバーのマシンの速さのなさでは、
これが限界やと思います。

来週も同じような粘りを期待したいですね。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/254-92f1c9ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。