F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ザウバーは、小林可夢偉とセルジオ・ペレス、
2人のレースドライバーラインアップを、
2012年も維持することを発表した。

今季はトップ10フィニッシュできなかったのは1回きりの可夢偉。
あとは失格1回(チームの規定違反)、リタイヤ1回という結果。
ザウバーのマシンの戦闘力は6番手、7番手あたりという非力さを考えると、
マシンの実力以上の成果を上げているだろう。

チーム代表のペーター・ザウバーは常に、
2人と早く契約を更新したいと言っており。
可夢偉もペレスも上位チームとの契約できる見込みはないため、
この契約更新は順当であろう。

これで、来季もまた日本人ドライバーがF1を走ることが確約されたが、
今、私が危惧しているのが可夢偉に続く若手が全く育ってないこと。
過去20年以上、F1を見てきているが、
下位のカテゴリーに全くこれだけ期待の若手がいないのも、珍しいと思う。
可夢偉には日本代表としての重責をしばらく担うことになるが、
トップチームへ移籍できるように頑張って欲しい。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/256-de32f905
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。