F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 ジェンソン・バトン マクラーレン MP4-26 Mercedes 1:46'42.337
2 セバスチャン・ベッテル レッドブル RB7 Renault RS27 +3.588
3 フェルナンド・アロンソ フェラーリ F150th Ferrari +19.819
4 ルイス・ハミルトン マクラーレン MP4-26 Mercedes +48.338
5 マーク・ウェバー レッドブル RB7 Renault RS27 +49.742
6 フェリペ・マッサ フェラーリ F150th Ferrari +1'23.176
7 ポール・ディ・レスタ フォース・インディア VJM04 Mercedes +1周
8 セバスチャン・ブエミ トロ・ロッソ STR6 Ferrari +1周
9 ニコ・ロズベルグ メルセデスGP MGP W02 Mercedes +1周
10 ハイメ・アルグエルスアリ トロ・ロッソ STR6 Ferrari +1周
11 小林 可夢偉 ザウバー C30 Ferrari +1周
12 ヴィタリー・ペトロフ ルノー R31 Renault +1周
13 ルーベンス・バリチェロ ウィリアムズ FW33 Cosworth CA2011 +2周
14 エイドリアン・スーティル フォース・インディア VJM04 Mercedes +2周
15 セルジオ・ペレス ザウバー C30 Ferrari +2周
16 パストール・マルドナド ウィリアムズ FW33 Cosworth +2周
17 ティモ・グロック ヴァージン MVR-02 Cosworth +4周
18 ダニエル・リカルド HRT F111 Cosworth +4周
19 ジェローム・ダンブロジオ ヴァージン MVR-02 Cosworth +5周
20 ビタントニオ・リウッツィ HRT F111 Cosworth +5周
リタイア
-- ヘイキ・コバライネン ロータス T128 Renault
-- ミハエル・シューマッハ メルセデスGP MGP W02 Mercedes
-- ニック・ハイドフェルド ルノー R31 Renault
-- ヤルノ・トゥルーリ ロータス T128 Renault

可夢偉、ポイント撮れてたのにね~
タイヤ戦略を他のチーム同様にしてたら、
8位にはなれてたと思います。

後半、ポジション守るために必死の防戦でしたけど、
あの場面、あんまり国際映像にして欲しくなかったですね。
いつもは攻めの走りイメージの可夢偉ですから、
あれはちょっとイメージダウンになったと思います。

雨交じりのレースを制したのはバトン。
こういうレース組み立ての巧さはさすがとしかいいようがない。
2006年の初優勝も、このハンガリーの雨のレースでしたもん。
今シーズン、ずっとハミルトンに負けっぱなしのイメージでしたが、

表彰台んとき、バトンパパと一緒に、
道端ジェシカ、映ってましたね。

あれは絵になると思うけど、
もし可夢偉が表彰台に上ったときに映るのがあびる優やと思うと、
ちっとそれは嫌やなって思うのは私だけ?

さあ、長い夏休みに入ります。
ベッテルは2位をキープできたので、
連続チャンピオンに一歩前進ですね。
現在、トップ争いしているドライバーの中では一番好きやけど、
アロンソ、ハミルトンにも、明けには、
もっとレース面白くして欲しいと願っています。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/258-11fa2f59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。