F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メルセデスGPのミハエル・シューマッハが、
今季限りで再度の引退を視野に入れていることを認めた。

2012年までのメルセデスGPとの契約を有するシューマッハだが、
コリエーレ・デロ・スポルト紙の取材によれば、
今シーズン末に再引退するかもしれないと言及したとのことだ。。

以下、シューマッハの発言です。
「僕はあるタスクと共にメルセデスGPに来た。そのタスクとは、
いかなる代償を払っても勝利するということではなく、
チームを成長させることだ」
「どちらかと言えば、僕が問題なんだ。
以前より若干リラックスしているのが事実だし、
そういう僕の心構えがこのチームにとって正しいのか分からない」
「僕が続けるかやめるのかを、
どこかの時点で僕らは判断することになるだろう」

とうとう噂が現実味を帯びてきたかもしれません。
チームメイトのニコ・ロズベルグが何度か表彰台に上る中、
ミハエル・シューマッハは復帰後、
優勝どころか、一度も表彰台にのぼっていません。

私もこのブログで、シューマッハの年齢限界説を唱えてきましたが、
今季の走りを見てても、それは顕著です。
とっさの判断力、動体視力が劣ってきているのは明らか。
イギリスGPで可夢偉に突っ込んだのが一番いい例かな。


イラストコレクションメルセデスGP M.シューマッハ 2010

もし、今季限りでミハエルが引退するとなれば、
フォース・インディアに在籍するポール・ディ・レスタが、
2012年、メルセデスGPに加入するのではと噂されている。
可夢偉もザウバー残留決まったし、
あまりトップ4チームからも注目されていないようですしね。
フェラーリはマッサの後継に、ペレスの名前が挙がっています。
可夢偉のトップチーム移籍はまだまだのようです。
先日のハンガリーGPのような走り(チーム側の責任)をすると、
ますます可能性なくなるでしょうね。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/259-25404a71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。