F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤルノ・トゥルーリは、福島の原発事故の影響を心配し、
10月にF1日本GPが行われる鈴鹿が本当に安全なのかどうか、
確信が持てないと語っている。

また、MotoGPのライダーたちの一部は、原発事故の影響を懸念し、
10月にツインリンクもてぎで開催される日本グランプリに、
参加したくないとの姿勢を見せている。

トゥルーリは「(日本についての)質問に答えるには、
誰が真実を話しているのかをはっきりさせなければならない」
と語ったということだ。

ただ、昨日行われたミーティングでは、F1は日本に行くべきである
との主張がなされたという。
当日はニコ・ロズベルグ、ステファノ・ドメニカリ、ポール・ヘンベリーらが出席した。
ロズベルグは、グランプリ・ドライバーズ・アソシエーションが独自に調査し、
鈴鹿周辺が安全であることは分かっていると述べた。

また、フェルナンド・アロンソも、
日本に行きたがらない人々がいるのは知っているが、
自分は日本に行くのを楽しみにしていると語った。
「日本は大好きな国だし、特に東京が気に入っている。
僕は毎年東京で1週間過ごしているんだ。今年もそれは変わらないよ」

私は、まさかトゥルーリがこんな発言をするなんて思いもしませんでした。
トゥルーリはずっとトヨタF1をひっぱってきたドライバー、
親日家でもあると思っていたんです。
それを風評被害、はっきりもしていないのに、
日本は安全でないかもって発言を行うなんて・・・

トゥルーリは結構好きなドライバーやったんやけどな~
そう疑問やって思うなら、別に日本へ来なくてええやん。
チャンドックにでも、シート空けてあげたらいい。
来年、ロータスのシート確定やって報道もあるけど、
今季でF1から引退もありえるのではないかな。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/265-27dac47c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。