F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 S.ベッテル (GER) レッドブル 1'22.275
2 L.ハミルトン (GBR) マクラーレン 1'22.725
3 J.バトン (GBR) マクラーレン 1'22.777
4 F.アロンソ (ESP) フェラーリ 1'22.841
5 M.ウェバー (AUS) レッドブル 1'22.972
6 F.マッサ (BRA) フェラーリ 1'23.188
7 V.ペトロフ (RUS) ルノー 1'23.530
8 M.シューマッハ (GER) メルセデスGP 1'23.777
9 N.ロズベルグ (GER) メルセデスGP 1'24.477
10 B.セナ (BRA) ルノー 1'24.157
11 P.ディ・レスタ (GBR) フォース・インディア 1'24.163
12 A.スーティル (GER) フォース・インディア 1'24.209
13 R.バリチェロ (BRA) ウィリアムズ 1'24.648
14 P.マルドナド (VEN) ウィリアムズ 1'24.726
15 S.ペレス (MEX) ザウバー 1'24.845
16 S.ブエミ (SUI) トロ・ロッソ 1'24.932
17 小林 可夢偉 (JPN) ザウバー 1'25.065
18 J.アルグエルスアリ (ESP) トロ・ロッソ 1'25.334
19 J.トゥルーリ (ITA) ロータス 1'26.647
20 H.コバライネン (FIN) ロータス 1'27.184
21 T.グロック (GER) ヴァージン 1'27.591
22 J.ダンブロジオ (BEL) ヴァージン 1'27.609
23 D.リカルド (AUS) HRT 1'28.054
24 V.リウッツィ (ITA) HRT 1'28.231

ここイタリア、モンツァサーキットは今のF1では、
一番の高速コース。
あまり、ドライバー同志の腕の差が出ないサーキットです。

なので、マシンの出来で、決まりますね。
ここで、今季、マシンの差を下から見ていきましょう。

まず、一番遅いのはHRT。
そして、ヴァージン、ロータスと続きます。
このあたりは予選Q1敗退の常連ですね。

そして、続いてトロロッソ。
ザウバーと続きます。
しかし、最近、可夢偉、最近ペレスに負け続け。
冴えない走りで見ていて面白くない・・・

中団、ウィリアムズ、フォースインディアと続き、
このあたりがQ2敗退レベル。

そしてトップ5の最後にはルノー。

4番手、メルセデスGP

3番手、フェラーリ。

2番手、マクラーレン。

そしてトップはレッドブルですけど、この高速コースでは、
マクラーレンとさほど差はありません。

この勢力分布図は、来季どうなりますでしょうか。
自身の予想では、フェラーリが伸びてくると思っておりますが・・・
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/266-8f359b46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。