F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1. 1 F.アロンソ ルノー M 1h29'46"205 206.018 Km/h
2. 5 M.シューマッハ フェラーリ B + 0'01"246 205.971 Km/h
3. 3 K.ライコネン マクラーレンメルセデス M + 0'19"360 205.280 Km/h
4. 12 J.バトン Honda M + 0'19"992 205.256 Km/h
5. 4 J-P.モントーヤ マクラーレンメルセデス M + 0'37"048 204.611 Km/h
6. 9 M.ウェバー ウィリアムズコスワース B + 0'41"932 204.427 Km/h
7. 10 N.ロズベルグ ウィリアムズコスワース B + 1'03"043 203.635 Km/h
8. 15 C.クリエン レッドブルフェラーリ M + 1'06"771 203.496 Km/h
9. 6 F.マッサ フェラーリ B + 1'09"907 203.379 Km/h
10. 14 D.クルサード レッドブルフェラーリ M + 1'15"541 203.169 Km/h
11. 20 V.リウッツィ トロ・ロッソコスワース M + 1'25"900 202.784 Km/h
12. 16 N.ハイドフェルド BMWザウバー M 1 lap(s)
13. 21 S.スピード トロ・ロッソコスワース M 1 lap(s)
14. 7 R.シューマッハ トヨタ B 1 lap(s)
15. 11 R.バリチェロ Honda M 1 lap(s)
16. 8 J.トゥルーリ トヨタ B 1 lap(s)
17. 18 T.モンテイロ ミッドランドトヨタ B 2 lap(s)
18. 22 佐藤琢磨 S. AGURI F1 HONDA B 4 lap(s)
19. 23 井出有治 S. AGURI F1 HONDA B 22 lap(s)
20. 17 J.ビルヌーブ BMWザウバー M 22 lap(s)
21. 2 G.フィジケラ ルノー M 36 lap(s)
22. 19 C.アルバース ミッドランドトヨタ B 57 lap(s)

さすがは昨年度チャンピオン、アロンソ見事な決勝の走りでした。
フェラーリが予想通り、燃料少な目でしたね。
しかし決勝でこんだけ安定した走りをするとは、フェラーリは去年とは一味ちがいます。
それを上回ったのはアロンソのチャンピオンとしての執念でしょうな。

さて開幕戦トータルでの感想だが、一番今回気になったのは、
ホンダの2台、バトンとバリチェロに差が出るのか?
そしてスーパーアグリの日本人同士ではどうか?ということであった。

去年は佐藤琢磨を思いっきり応援してきましたが、
結果はみなさんもご存知のとおりです、チームメイトのバトンにも惨敗ですね。
果たして、あそこまで差がつけられるのは、バトンが天才であるからかどうかは、
今年のバリチェロを見て分かると思っていました。
ルーベンスもフェラーリでは天才ミハエルにあれだけ差をつけられたわけですからね。
開幕戦の結果だけ見ると、琢磨がつけられていた差ぐらいに、バトンはバリチェロに
差をつけていますね。
やはりバトンは優勝こそまだないが、かなりの天才ドライバーではないでしょうか。
俺はあとハングリーさが身につけば、ワールドチャンピオン獲ってもおかしくない
器だと思っています。

それで今年の琢磨であるが、やはり同じ日本人ドライバーでフォーミュラニッポン2位の
井出有治とのタイム差が気になりました。
イギリスF3、マカオF3チャンピオンとなり、鳴り物入りでジョーダンでF1デビューした琢磨が、
果たしてその実力はいかがなものかである。
それに比べて、井出の今までの戦跡はホント地味ですからね。
ここでも大きな差がでました。
いくらF1マシンに慣れていないにせよ、チームメイトから2秒から3秒遅いというのは、
明らかに能力差がかなりあるんでしょう。

この結果、バトンが天才、琢磨とバリチェロは同レベル
(若干バリチェロが上回ってるとは思います)、
井出はF1走るレベルではないとの結論が出てきます。
(あくまで開幕戦だけの結果ですよ)
スーパーアグリに関しては、
あとモンタニーがサードドライバーとして走ってくれれば、
より明確になると思うんですけどね。

とりあえず、今年も俺は琢磨を応援し続けますです。

alonsono1.jpg

F1全史(2001ー2005)
他の人気車バイク情報を探すなら、車バイクblogランキングへ!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/27-30a681e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。