F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キミ・ライコネンが低迷するウィリアムズのファクトリーを今月訪問した。
それにより、来季ルーベンス・バリチェロの後任として、
F1に復帰するのではないかとの報道がなされている。


キミ・ライコネン…頂点へ-F1ドキュメント

すでに両者は同意したと伝えるメディアもあるが、
実際にはまだそのような段階ではなく、
契約のベースとなる条件について、現在話し合い中であるとのことだ。

ライコネンの件についてウィリアムズはノーコメントを貫いているが、
チェアマンのアダム・パーは、
ライコネンの加入はチームにとってプラスになり、
スポンサー候補への強力なアピールにもなると考えている。
今季苦戦しているウイリアムズにとって、
来季は復活をかけた重要な年になるからだ。


[TAG Heuer] タグホイヤー サングラス 新品 本物 ライコネン

しかしウィリアムズ側にとって、ライコネンとの契約は大きな賭けにもなる。
彼はF1から2シーズン離れており、その間参戦したWRCでは、
その成績は芳しくないからだ。
また、ライコネンが高額のサラリーを望めば、
ウィリアムズがこれに応えるのは難しいだろう。
このことからも、非常に契約までこぎつけるのは難度は高そうだ。

だが、ライコネン側としては、
レッドブルでの復帰が来季100%見込めない状態であるので、
まずは、トップチームに対してF1に復帰したいという気持ちが、
真剣であることをアピールしたいと考えているようだ。
なので、サラリー面では非常に譲歩するのではないかと思われる。


WRC世界ラリー選手権 2010年 MID SEASON DIGEST キミ・ライコネン 特集 DVD

私自身は、ウィリアムズならば、
キミのF1復帰はやめておいたほうがええと思いますね。
自身、キミファンではあるけれども、現在トップチームで走っている、
ベッテル、アロンソ、ハミルトンほどの速さはないと思っています。
特にF1は2年のブランクは、なかなか取り戻せないもんですしね。
ウィリアムスで走っても、中盤で抜け出せない無様な姿をさらすでしょう。

それに、資金のないウィリアムズならば、
結局、パストール・マルドナドのチームメイトとして、
資金を持ち込める若手ドライバーを選ぶことに無難に収まると思っています。

しかし、キミ・ライコネンが、
レッドブルでF1復帰ならば、あって欲しいな・・・
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/274-a9ae8be5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。