F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 L.ハミルトン マクラーレン 1:37:11.886
2 F.アロンソ フェラーリ +8.4
3 J.バトン マクラーレン +25.8
4 M.ウェバー レッドブル +35.7
5 F.マッサ フェラーリ +50.5
6 N.ロズベルグ メルセデスGP +52.3
7 M.シューマッハ メルセデスGP +1:15.9
8 A.スーティル フォース・インディア +1:17.1
9 P.ディ・レスタ フォース・インディア +1:41.0
10 小林可夢偉 ザウバー 1lap
11 S.ペレス ザウバー 1lap
12 R.バリチェロ ウィリアムズ 1lap
13 V.ペトロフ ロータス・ルノーGP 1lap
14 P.マルドナード ウィリアムズ 1lap
15 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ 1lap
16 B.セナ ロータス・ルノーGP 1lap
17 H.コバライネン チーム・ロータス 1lap
18 J.トゥルーリ チーム・ロータス 2lap(s)
19 T.グロック ヴァージン 2lap(s)
20 V.リウッツィ HRT 2lap(s)
21 D.リチャルド HRT 7lap(s)
22 S.ブエミ トロ・ロッソ 36lap(s)
23 J.ダンブロシオ ヴァージン 37lap(s)
24 S.ベッテル レッドブル 54lap(s)

色々と忙しく、ここの更新も滞っているな・・・


ザウバーF1チーム公認小林可夢偉 壁掛カレンダー 2012年

まあ、とにかく可夢偉は悪い流れを止めたってことでよかった。
しかしザウバー代表は、ピットストップがうまくいっていないのは、
ドライバーのせいだと言っていたが、なんでだろ?


アマルガム1/8 スケール レッドブル RB6 2010ベッテル/ウェバー

さあ、次回最終戦!
ベッテルにはマンセルのシーズン最多歴代ポールポジション獲得回数を、
上回ってもらいたい。
今回、リタイヤのベッテルやけど、そのリタイヤ後の姿は見てて好感持てた。
自身でパソコンとにらめっこしたり、モーターホームに戻らず、
チームクルーと一緒にレースの動向をきちんと洞察してる。
彼がなぜ速いかは、こういうところなんですね。
ものすごく何に対しても研究熱心、努力家なんですよ。

以前、ブリジストンが撤退する時に特番が組まれたが、
その時のベッテルもそうであった。
浜島さんに一番よくタイヤの状態を聞きにきたドライバーなんですよ。
あの子がチャンピオンになるのも納得だって浜島さんも言ってました。

消化試合ではあるけれども、
オーバーテイク多いレースを次回は見たいですね。
しかし、ストーブリーグの話題は、キミ・ライコネンのウィリアムズ入りのみ。
なんか、これも寂しいな・・・
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/281-900b0df3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。