F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 P.マルドナード ウィリアムズ 1:39:09.145
2 F.アロンソ フェラーリ +3.1
3 K.ライコネン ロータス +3.8
4 R.グロジャン ロータス +14.7
5 小林可夢偉 ザウバー +1:04.6
6 S.ベッテル レッドブル +1:07.5
7 N.ロズベルグ メルセデスAMG +1:17.9
8 L.ハミルトン マクラーレン +1:18.1
9 J.バトン マクラーレン +1:25.2
10 N.ヒュルケンベルグ フォース・インディア +1Lap
11 M.ウェバー レッドブル +1Lap
12 J-E.ベルニュ トロ・ロッソ +1Lap
13 D.リチャルド トロ・ロッソ +1Lap
14 P.ディ・レスタ フォース・インディア +1Lap
15 F.マッサ フェラーリ +1Lap
16 H.コバライネン ケーターハム +1Lap
17 V.ペトロフ ケーターハム +1Lap
18 T.グロック マルシャ +2Laps
19 P.デ・ラ・ロサ HRT +3Laps
20 S.ペレス ザウバー +29Laps
21 C.ピック マルシャ +31Laps
22 N.カーティケヤン HRT +44Laps
23 B.セナ ウィリアムズ +54Laps
24 M.シューマッハ メルセデスAMG +54Laps

まさかウィリアムズがこんなに速いなんて・・・ね。
確かに、マルドナドは開幕戦でファイナルラップまで2位走ってたもんな。
しかし、今季のF1はなんでこんな混戦、接戦なん?
私も既に25年、F1を見続けているけど、
これほどまでに各チーム力に差がないシーズンは見たことがない。
これまで5戦で勝った人間が全く違うのもすごい。


ミニチャンプス/ウィリアムズ コスワース FW32 1/43 N.ヒュルケンベルグ

その中、可夢偉はええパフォーマンス見せましたね。
ここカタロニアは非常にオーバーテイクが難しいサーキット。
特にストレートで伸びがないザウバーのマシンでは、
DRSを使っても、前の車をオーバーテイクできません。
常に今回、バトンの後ろでトラフィックに捕まりましたね。

しかし、そのバトン、そしてロズベルグを、
コーナー入り口でずばんと抜き去ったのは、さすがの可夢偉。
オーバーテイクのうまさでは、今のF1ドライバーの中では一番じゃないかな。
ただ、バトンと接触しながらもマシン壊さなかったのは、
去年も何度かあったが、ターミネーター可夢偉の真骨頂。
マシン痛めても、走りきる運の強さは持っているもんね。


F1ザウバーC30 フェラーリ オーストラリアGP No.16 2011 小林可夢偉

今回、可夢偉も言ってたけど、予選でもうちょい前やったら、
表彰台も目指せたマシンのパフォーマンスやったんで、
次回モナコは予選順位次第で、かなり前にいけるんやないかなって思います。
モナコのクネクネコースにザウバーのマシンは合ってると思うな。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/290-067dd773
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。