F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1. 5 M.シューマッハ フェラーリ B 1h35'58"765 193.081 Km/h
2. 1 F.アロンソ ルノー M + 0'03"751 192.957 Km/h
3. 6 F.マッサ フェラーリ B + 0'04"447 192.933 Km/h
4. 3 K.ライコネン マクラーレンメルセデス M + 0'04"879 192.920 Km/h
5. 11 R.バリチェロ Honda M + 1'12"586 190.680 Km/h
6. 2 G.フィジケラ ルノー M + 1'14"116 190.628 Km/h
7. 10 N.ロズベルグ ウィリアムズコスワース B + 1'14"565 190.615 Km/h
8. 17 J.ビルヌーブ BMWザウバー M + 1'29"364 190.132 Km/h
9. 8 J.トゥルーリ トヨタ B 1 lap(s)
10. 16 N.ハイドフェルド BMWザウバー M 1 lap(s)
11. 21 S.スピード トロ・ロッソコスワース M 1 lap(s)
12. 18 T.モンテイロ ミッドランドトヨタ B 1 lap(s)
13. 19 C.アルバース ミッドランドトヨタ B 1 lap(s)
14. 7 R.シューマッハ トヨタ B 8 lap(s)
15. 4 J-P.モントーヤ マクラーレンメルセデス M 8 lap(s)
16. 22 佐藤琢磨 SAF1 Honda B 15 lap(s)
17. 23 F.モンタニー SAF1 Honda B 31 lap(s)
18. 12 J.バトン Honda M 32 lap(s)
19. 15 C.クリエン レッドブルフェラーリ M 32 lap(s)
20. 9 M.ウェバー ウィリアムズコスワース B 48 lap(s)
21. 14 D.クルサード レッドブルフェラーリ M 58 lap(s)
22. 20 V.リウッツィ トロ・ロッソコスワース M 60 lap(s)

琢磨、うまくスタートジャンプアップしましたね。
1コーナー抜けたところで12位でした。
しかし、ここニュルブルクリンクはテクニカルサーキット・・・
ダウンフォースのない、SA05ではずるずる後退ですな。
しかしモンタニーはレースディスタンスでも速いですね。
ぴったり前半も琢磨の後ろ追っかけていました。
最後はエンジントラブル?でリタイヤでしたが、
ちょっとずつ琢磨に差をつけられていたようです。
レースディスタンスでのキャリアの差がでましたね。
その琢磨もリタイヤ・・・・
まあSA06が出来るまではとりあえず各レース走るだけでいいので、
SA06の開発を急いでもらいたいものです。

しかしなんでこんなにホンダはレースペース上がらないのでしょうか?
今年の車はもっとやるもんやと思ってました。
バトンの初優勝も前半4戦くらいまでに見れるかと思ってたんですけどね。
エンジントラブルでリタイヤです。

ミハエルが2回目のピットストップ前にさすがの走りしてくれました。
そして完璧なフェラーリのピットワーク・・・
ストップザアロンソを見事にやってのけました。
フェラーリの地元、イモラ、そして自身の母国、
地元ドイツでの連勝はファンには嬉しいプレゼントですね。

あとはこれで、マクラーレンとホンダに頑張ってもらって、
もっとこれからを面白くしてほしいですな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/37-dc62764e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。