F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自動車レースのF1世界選手権シリーズに今季から新規参戦している
スーパーアグリ・ホンダ(鈴木亜久里代表)の第2ドライバーで
新人の井出有治(31)のスーパーライセンスを、
国際自動車連盟(FIA)が取り消し処分にしたことが10日、明らかになった。
同ライセンスはF1参戦に必要な資格で、チームは同日までに、FIAからこの処分を通告され、
井出は今年の残るグランプリ(GP)に出場できなくなった。
(時事通信より)

これで、井出有治のF1挑戦が終わっちゃいましたね。
俺自身、井出はF1に乗るべきではないと今年開幕してから書いてきましたが、
いざ、こうFIAから最後通告を下されたことは非常に可哀想に思います。

まあ、モンタニーがヨーロッパGPで急に乗って、あれだけの結果を出しているのだから、
誰の目からも、井出選手の実力不足は明らかです。
それで更に拍車がかかりましたね。

またスペインとモナコGPではモンタニーが乗ることになりますが、
他の日本人ドライバーのシート獲得を模索してほしいです。
スーパーアグリチームとしてはスポンサーがらみで日本人ドライバーを乗せるって
契約事項のあるスポンサーもあるみたいで色々考えているみたいですね。
ただやはりテストでモンタニーと競わせるとかしてほしいですね。
やはり日本人ドライバーは実力不足だと思われたくないですし。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/38-2ea216c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。