F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 A.セナ ロータス ルノー 72 1:48'47.735
2 N.マンセル ウィリアムズ ホンダ 72 1:48'47.749
3 A.プロスト マクラーレン ポルシェ 72 1:49'09.287
4 K.ロズベルグ マクラーレン ポルシェ 71 1LAP遅れ
5 T.ファビ ベネトン BMW 71 1LAP遅れ
6 G.ベルガー ベネトン BMW 71 1LAP遅れ
7 T.ブーツェン アロウズ BMW 68 4LAP遅れ
8 P.タンベイ ローラ ハート 66 6LAP遅れ
9 J.ダンフリース ロータス ルノー R  
10 M.ブランドル ティレル ルノー R  
11 J.ラフィー リジェ ルノー R  
12 N.ピケ ウィリアムズ ホンダ R  
13 M.スレール アロウズ BMW R  
14 E.デ・アンジェリス ブラバム BMW R  
15 R.アルヌー リジェ ルノー R  
16 M.アルボレート フェラーリ フェラーリ R  
17 P.ストレイフ ティレル ルノー R  
18 C.ダナー オゼッラ アルファロメオ R  
19 S.ヨハンソン フェラーリ フェラーリ R  
20 P.ギンザーニ オゼッラ アルファロメオ R  
21 R.パトレーゼ ブラバム BMW R  
22 A.デ・チェザリス ミナルディ モトーリ・モデルニ R  
23 J.パーマー ザクスピード ザクスピード R  
24 A.ジョーンズ ローラ ハート R  
25 A.ナニーニ ミナルディ モトーリ・モデルニ R

開幕戦に引き続きポールはセナ。
予選一発の速さは、やはりドライバーの腕が必要ですからな。
中低速コーナーの多いこのヘレス・サーキットでは、
ホンダエンジンの圧倒的パワーを誇るウィリアムズより前に、
セナはでてきます。
なんとこの年、セナは8回ものポールを勝ち取っています。

しかしチームメイトに圧倒的な差をつけて、
周回遅れにしていく、その速さはとてつもない。

セナの後は、しばらくはウィリアムズ、マクラーレン勢が
ついていくが、あまり順位は変わらず、落ち着いた展開。


PMA 1/43 ウィリアムズ ホンダ FW11B/N.マンセル 1987

ただ、中盤になってきて、燃費OK!となると、
マンセルが一気にセナに挑みにかかります。
さすがのホンダパワー。

周回遅れのブランドルにひっかかったセナを、
見事にマンセルがパスしてトップに立ちます。


N.マンセル 直筆サイン入りフォト GPマスターズ2005『NIGEL is Back』(額付き)

しかしマンセル、セナのバトルは続きます。
接触しながらのセナのオーバーテイクが見られるかと思ったが、
なかなか抜けない。
接触時、マンセル、拳を振り上げて怒ってましたね~
ただ、さすがのセナ、再びトップへ。

燃費を気にしていたマンセルはずるずると後退していくが、
一旦プロストにも抜かれたマンセルがフルブーストで、
猛烈な追い上げ!!!

コントロールライン、コンマ014差・・・
わずか50センチの差でセナが逃げ切る、
ここまでの差で逃げ切れた勝負は今まで見たことない。
20年F1見てきても、ここまで、興奮したフィニッシュはなかった!!!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/45-95efef01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。