F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 1 K.ライコネン フェラーリ 1'21.813 17
2 5 F.アロンソ ルノー 1'21.904 18
3 2 F.マッサ フェラーリ 1'22.058 16
4 4 R.クビサ BMWザウバー 1'22.065 13
5 22 L.ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1'22.096 14
6 23 H.コバライネン マクラーレン・メルセデス 1'22.231 15
7 10 M.ウェバー レッドブル・ルノー 1'22.429 19
8 11 J.トゥルーリ トヨタ 1'22.529 19
9 3 N.ハイドフェルド BMWザウバー 1'22.542 20
10 6 N.ピケJr. ルノー 1'22.699 18
11 17 R.バリチェロ Honda 1'21.049 12
12 8 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ 1'21.117 15
13 16 J.バトン Honda 1'21.211 12
14 12 T.グロック トヨタ 1'21.230 16
15 7 N.ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1'21.349 15
16 14 S.ブルデー STRフェラーリ 1'21.724 15
17 9 D.クルサード レッドブル・ルノー 1'21.810 6
18 15 S.ベッテル STRフェラーリ 1'22.108 10
19 21 G.フィジケラ フォース・インディア・フェラーリ 1'22.516 11
20 20 A.スーティル フォース・インディア・フェラーリ 1'23.224 8
21 19 A.デビッドソン SUPER AGURI Honda 1'23.318 9
22 18 佐藤琢磨 SUPER AGURI Honda 1'23.496 9

すごい!!今回かなりのアップデートを施したルノーですが、
母国ってこともあり、アロンソの巻き返しが見られると思っていました。
ただ、それはマクラーレンの後ろ、5,6番手って俺は予想していたんですよ。
けどそれが、なんと、フェラーリの間を割って入る活躍ぶり。
チームメイトのピケとコンマ7秒速いってのは、
いかにこのドライバーが優れているのか分かります。
今のF1ドライバーの中では、やはり実力はナンバー1ですね。
俺はアンチ・アロンソですけど、感服しました。

そして、やはりフェラーリはここでは一歩抜きん出ていますね。
特にライコネン-フェラーリのパッケージは、今回トラブルでない限り、
決勝は楽勝ではないでしょうか。
今年のフェラーリはライコネンの好みにかなり合ってますからね。
2年連続チャンプは確実になってきたかなって感じです。
マッサ・・・来年のシート危ういかも。

そして一貴・・・
今回、初めてニコを予選で打ち破りました。
まあ、フリー走行から結構うまく走らせていましたからね。
ここバルセロナは結構走りこんでいるとこなんで、その学習能力のよさがでました。
一貴はそういう積み重ねで速くなっていくタイプやと思うんで、
決勝は、まずポイント獲るってこと目標に頑張って欲しいです。
ミスをして欲しくないですね。

今回、出走できるかどうか危うかった、スーパーアグリ。
なんとか、出てきましたけど、琢磨は最下位。
琢磨は一貴と違い、結構感覚で走っちゃうタイプですけど、
今年の車はどうにもならないな~
っていうより、次戦走れるんだろうか?

決勝・・・ライコネンが順当に前に出れば、
面白くないレース展開になるであろう。
ここは抜くポイントのないカタロニアサーキットですもん。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/56-12012f99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。