F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 2 F.マッサ フェラーリ 1'15.787 20
2 1 K.ライコネン フェラーリ 1'15.815 19
3 22 L.ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1'15.839 20
4 23 H.コバライネン マクラーレン・メルセデス 1'16.165 25
5 4 R.クビサ BMWザウバー 1'16.171 18
6 7 N.ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1'16.548 24
7 5 F.アロンソ ルノー 1'16.852 20
8 11 J.トゥルーリ トヨタ 1'17.203 21
9 10 M.ウェーバー レッドブル・ルノー 1'17.343 19
10 9 D.クルサード レッドブル・ルノー 1'15.839 18
11 12 T.グロック トヨタ 1'15.907 16
12 16 J.バトン Honda 1'16.101 13
13 3 N.ハイドフェルド BMWザウバー 1'16.455 14
14 8 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ 1'16.479 16
15 17 R.バリチェロ Honda 1'16.537 12
16 14 S.ブルデー STRフェラーリ 1'16.806 9
17 6 N.ピケJr. ルノー 1'16.933 8
18 15 S.ベッテル STRフェラーリ 1'16.955 11
19 20 A.スーティル フォース・インディア・フェラーリ 1'17.225 12
20 21 G.フィジケラ フォース・インディア・フェラーリ 1'17.823 8

まずはポールポジションのマッサ。
木曜の会見ではモナコは不得意と言ってたくせに、
パーフェクトラップと自分でいうくらいの走りやったみたいです。
絶対、俺も予選はライコネンが前やと思ってただけに、
今回のマッサは怖い存在です。


brumm 1/43スケール フェラーリ 126CK 1981 モナコGP G.ヴィルヌーヴ Gilles over the limit

ただ、もっと怖いのはマクラーレン、ハミルトン。
予選後の記者会見では、かなり余裕のある表情やったんで、
フェラーリより明らかに燃料積んでるんでしょう。
マッサが前をふさぐ形で、レース展開が繰り広げられたら、
ピットストップタイミングで、前でることは確実。

唯一の日本人ドライバー一貴ですが・・・
モナコ・・・不得意みたいですね。
チームメイトのニコが非常にいい走りをしているだけに、
このタイム差は全く同じ車にのってるのにありえへんでしょう。
去年のブルツもそうであったように、ウィリアムズは厳しいですからね。
琢磨がいなくなった今、もうひと頑張りしてもらいたいところ。

その一貴と同じ境遇なのがピケJr・・・
今回もQ1でノックアウトは、アロンソが7位というポジションなだけに、
立場がおおいに危うくなってきましたな。

明日は雨の予報です。
1996年に雨が降ったときはめちゃくちゃ荒れたレースとなり、
リジェのパニスが優勝しています。
トラクションコントロールのない今年のマシンで、
狭いモナコのコースですから、雨降ればめっちゃ荒れるでしょうな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/60-1808388b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。