F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 22 L.ハミルトン マクラーレン・メルセデス 2:00'42.742 76 126.170 1
2 4 R.クビサ BMWザウバー 2:00'45.806 76 126.117 1
3 2 F.マッサ フェラーリ 2:00'47.553 76 126.087 1
4 10 M.ウェーバー レッドブル・ルノー 2:01'02.037 76 125.835 4
5 15 S.ベッテル STRフェラーリ 2:01'07.399 76 125.742 5
6 17 R.バリチェッロ Honda 2:01'11.150 76 125.678 6
7 8 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ 2:01'12.922 76 125.647 7
8 23 H.コバライネン マクラーレン・メルセデス 2:01'15.933 76 125.595 8
9 1 K.ライッコネン フェラーリ 2:01'16.534 76 125.585 2
10 5 F.アロンソ ルノー 2:01'05.210 75 124.125 4
11 16 J.バトン Honda 2:01'12.175 75 124.006 11
12 12 T.グロック トヨタ 2:01'14.066 75 123.974 7
13 11 J.トゥルーリ トヨタ 2:01'15.217 75 123.955 6
14 3 N.ハイドフェルド BMWザウバー 2:00'55.670 72 119.317 5
  20 A.スーティル フォース・インディア・フェラーリ アクシデント 67 123.347 4
  7 N.ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ アクシデント 59 124.278 6
  6 N.ピケJr. ルノー アクシデント 47 120.289 10
  21 G.フィジケラ フォース・インディア・フェラーリ ギアボックス 36 118.377 14
  9 D.クルサード レッドブル・ルノー アクシデント 7 114.443 10
  14 S.ブルデー STRフェラーリ アクシデント 7 113.980 12


2005年 F1モナコGP プレスキット

モナコの天気は予報どおりの雨模様、スタート直後から雨が激しくなり、
予想通りの荒れた展開となりましたね。
こういう時は運があるドライバーの勝ちです。
今のF1ドライバーでそれを一番持っているのはそうハミルトンです。
一回はミスでウォールにぶつけたのにタイミングよくピットインできて、
2回目のピットタイミングも晴れてきてドライタイヤに変えることができ
非常にどんぴしゃりでした。
やはり予選のときに一番怖い存在として挙げたのは間違いなかったですね。

そしてもう一人…今季こういう荒れた展開で
しっかりポイント獲得しているのが一貴。
アロンソのハイドフェルドへの無茶なヘアピンでの突っ込みで
順位を少し落とす不運はありましたが、
全くミスなく走りきりました。
歴代の日本人ドライバーでは一番運を持っていますね。

逆に運がないドライバーと言えば、前々からライコネンが定番ですが、
今回ポイントとれなかったですね。
その運のなさのもらい事故をいただいた、
フォースインディアのスーティルはすっごく可哀相でしたが。

また今回の注目ドライバーは遅い車で腕のいいドライバー、
アロンソ、ロズベルグ、バトンといったところだったんですが、
ドライではぎりぎりの走りができる彼らでも、
レインの路面はうまく操れなかったようで、
クラッシュやりまくりましたな。

これでチャンピオンシップはハミルトンがポイントリーダーになりました。
ライコネンがもっと楽勝かと思っていただけに、
今後の展開が面白くなりそう…
低速テクニカルコースではマクラーレンが速いので
ハミルトンもまだまだ肉薄してきそうです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/61-d42c4e47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。