F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 4 R.クビサ BMWザウバー 1:36'24.447 70 189.987 1
2 3 N.ハイドフェルド BMWザウバー 1:36'40.942 70 189.447 1
3 9 D.クルサード レッドブル・ルノー 1:36'47.799 70 189.223 1
4 12 T.グロック トヨタ 1:37'07.074 70 188.597 1
5 2 F.マッサ フェラーリ 1:37'08.381 70 188.555 4
6 11 J.トゥルーリ トヨタ 1:37'12.222 70 188.431 1
7 17 R.バリチェッロ Honda 1:37'18.044 70 188.243 1
8 15 S.ベッテル STRフェラーリ 1:37'18.567 70 188.226 4
9 23 H.コバライネン マクラーレン・メルセデス 1:37'18.880 70 188.216 5
10 7 N.ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1:37'22.196 70 188.109 4
11 16 J.バトン Honda 1:37'31.987 70 187.794 7
12 10 M.ウェーバー レッドブル・ルノー 1:37'35.676 70 187.676 4
13 14 S.ブルデー STRフェラーリ 1:36.43.167 69 186.669 13
  21 G.フィジケラ フォース・インディア・フェラーリ アクシデント 51 183.193 7
  8 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ アクシデント 46 185.473 2
  5 F.アロンソ ルノー アクシデント 44 185.645 3
  6 N.ピケJr. ルノー ブレーキ 39 182.865 12
  1 K.ライッコネン フェラーリ アクシデント 19 183.145 3
  22 L.ハミルトン マクラーレン・メルセデス アクシデント 19 183.012 1
  20 A.スーティル フォース・インディア・フェラーリ ギアボックス 13 190.232 16

やはり荒れた展開となったカナダGP。
決めてとなったのはセーフティーカーが出たタイミングでした。
それまで着実に2位との差を突き放していたハミルトンは、
これでそのマージンはなくなります。
そして二回ピットストップ組はこのタイミングでピットイン。

去年はマッサなどがビットレーン出口の信号無視で失格になっているため、
クビサ、ライコネンは赤信号でしっかり停まっていましたが、
そこへハミルトンが信号無視でライコネンに特攻。
見事やってくれましたなあ~(^^;)
けど完全にハミルトンが悪いのに、ライコネンが全然怒ってなかったのが
印象的やったです。
普通あそこでぶつけられたら、なにやっとんねんって感じで
ハミルトンに言えばいいのに、冷静でしたね。

その上位のごたごたの中で一回ストップ組はピットインせずに、
なんとバリチェロがトップ、そして一貴が2位という順位!!
この時一貴がもしかしたら表彰台?って期待もって観てたから、
深夜眠いんが吹き飛びましたよ。

しかしなんと一貴はハードからハードへのタイヤチェンジ…
変則的な2回ストップやったみたいです。そして焦ってバトンにお釜掘ってしまいました。
もうちょい学習能力あるドライバーやと思っていただけにあのミスはだめですな…
過去に何回も止まりきれないってことやってますから。
しっかりとポイント狙えるレースであっただけに、印象悪いですね。


1/43 フェラーリF1ワールドチャンピオン仕様 3台セット/00-02 M.シューマッハ

そして優勝は、初優勝クビサ!!今季はここまでいい走りしてきただけに、
この優勝は奇跡というより、当然かなって感じ。
なんとチャンピオンシップでポイントリーダーに踊りでました。
予選時にもこのドライバーはとんでもない才能をもったドライバーかもって書きましたが、
その通りですな。

モナコの時にはこういう荒れた展開時に、運を持ったドライバーが勝つと書きましたが、
ハミルトンと一貴といった、その運をもってる人間が自滅。
ハミルトンは次回は10番グリッド降格処分ですが、赤信号でぶつけては、
普通の一般道路でも文句は言えないでしょう。
また運のないドライバー、ライコネンはとばっちりを受け、
そういう人間模様が見えて面白かったですね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/63-fd6a15f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。