F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 1 K.ライコネン フェラーリ 1'16.449 16
2 2 F.マッサ フェラーリ 1'16.490 17
3 22 L.ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1'16.693 15
4 5 F.アロンソ ルノー 1'16.840 18
5 11 J.トゥルーリ トヨタ 1'16.920 19
6 23 H.コバライネン マクラーレン・メルセデス 1'16.944 18
7 4 R.クビサ BMWザウバー 1'17.037 19
8 10 M.ウェーバー レッドブル・ルノー 1'17.233 18
9 9 D.クルサード レッドブル・ルノー 1'17.426 19
10 12 T.グロック トヨタ 1'17.596 24
11 6 N.ピケJr. ルノー 1'15.770 12
12 3 N.ハイドフェルド BMWザウバー 1'15.786 14
13 15 S.ベッテル STRフェラーリ 1'15.816 17
14 14 S.ブルデー STRフェラーリ 1'16.045 17
15 7 N.ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1'16.235 12
16 8 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ 1'16.243 9
17 16 J.バトン Honda 1'16.306 9
18 17 R.バリチェロ Honda 1'16.330 6
19 21 G.フィジケラ フォース・インディア・フェラーリ 1'16.971 10
20 20 A.スーティル フォース・インディア・フェラーリ 1'17.053 9

ここフランス、マニクールサーキットは、
今年最後の開催になるのではないかと言われております。
そして、ル・マンで使われているサルト・サーキットが来年からとか・・・
今のF1は高速コースがあまりないので、この意見には俺は賛成ですけどね。

さて、今回の予選、フリー走行から、フェラーリの速さがダントツでした。
特にマッサがフリー走行好調でしたね。
しかし、予選ではライコネンがスペインGP以来のポールポジション。
まあ、トラフィックに悩まされることなく走れたのが、
マッサと比べて、幸運でしたね。
今回、フェラーリは別格の速さなので、トラブルさえなければ、
ワン・ツー確実でしょう。


キミ・ライコネン…頂点へ

そして3位に食い込んできたのは地元ルノーのアロンソ。
ピケJrが相変わらずQ3に進めない中、着実に速さを見せていますね。
まあ、ガソリン搭載量が少ないんでしょうけど、
やはりアロンソの強さは現役ドライバーの中でナンバー1でしょう。

マクラーレンはハミルトンが前回カナダでの赤信号追突で、
10グリッド降格のペナルティ、そしてコバライネンも、
進路妨害で5グリッド降格のペナルティを受けてしまい、ボロボロです。
今回は入賞狙いで着実にポイント重ねるでしょう。

トヨタがそして好調です。
トゥルーリの速さは昔から相変わらずですが、グロックもQ3に進みました。
しかしそのトヨタエンジンを積むウィリアムズは絶不調。
パトリックヘッドおじさん、なんかめっちゃ怒っていましたね~(^^;)
一貴も今回は完走狙いでいくしかなくつまらないレースとなりそうです。

雨が降るかとの予報もありますけど、
晴れたら面白くないレース展開になりそうだなって印象です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/64-7b710f08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。