F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 2 F.マッサ フェラーリ 1:31'50.245 70 201.608 1
2 1 K.ライコネン フェラーリ 1:32'08.229 70 200.952 1
3 11 J.トゥルーリ トヨタ 1:32'18.495 70 200.579 3
4 23 H.コバライネン マクラーレン・メルセデス 1:32'19.174 70 200.555 3
5 4 R.クビサ BMWザウバー 1:32'20.757 70 200.497 -
6 10 M.ウェーバー レッドブル・ルノー 1:32'30.549 70 200.144 3
7 6 N.ピケJr. ルノー 1:32'31.278 70 200.117 3
8 5 F.アロンソ ルノー 1:32'33.617 70 200.033 -
9 9 D.クルサード レッドブル・ルノー 1:32'41.317 70 199.756 3
10 22 L.ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1:32'44.766 70 199.632 -
11 12 T.グロック トヨタ 1:32'47.983 70 199.517 -
12 15 S.ベッテル STRフェラーリ 1:32'48.310 70 199.505 -
13 3 N.ハイドフェルド BMWザウバー 1:32'52.324 70 199.361 -
14 17 R.バリチェロ Honda 1:32'05.471 69 198.178 -
15 8 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ 1:32'08.926 69 198.054 -
16 7 N.ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1:32'09.617 69 198.029 -
17 14 S.ブルデー STRフェラーリ 1:32'10.274 69 198.006 -
18 21 G.フィジケラ フォース・インディア・フェラーリ 1:32'37.032 69 197.053 -
19 20 A.スーティル フォース・インディア・フェラーリ 1:32'57.001 69 196.347 -
16 J.バトン Honda DNF 16 183.484 -

ライコネンのマシントラブルの多さは、マクラーレン時代から、
もう皆さんよーく知ってますよね。
エイドリアンニューウェイ時代のマクラーレンは速いけど、
よく潰れていました。
それでライコネンはチャンピオンを2回ばかし逃していますよね。
そして安定性のあるフェラーリに移って、
昨年は大逆転のぎりぎりチャンピオンをなんとか獲得しました。
しかーし・・・前戦はハミルトンにぶつけられ、今回はマシントラブル。


キミ・ライコネン…頂点へ

やはりライコネンは運から見放された男なんでしょう。
今の現役ドライバーで一番速いアロンソがどんだけ頑張っても、
5番手あたりのマシン(ルノー)に乗ってますから、
2番目に実力のあるライコネン+フェラーリのパッケージですから、
今年は安定した力でチャンピオン獲得かって思ってたんですけど、
トラブル続きですね~

そんで優勝はマッサ!
このドライバーは運をもってるドライバーですから。
まあ、予選時の予想通り、フェラーリの1-2は守りましたね。


1/43ミニチャンプスパナソニック トヨタ TF106#8 J.トゥルーリ

そしてトヨタが今季初表彰台!!!
やったね~トゥルーリ♪
まあ、このドライバーは実力はすごいもん持ってるからな~
現役最後の片山右京とミナルディで新人で入ってきてコンビを組んで、
右京ちゃんよりダントツに速かったのが印象強いです。

オーバーテイクシーンがあまりない、ちょっとつまらない
マニクールサーキットではありましたが、
これで、またチャンピオンシップ争いは混沌としました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/65-c74ef99a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。